小動物系OLがクマさん男子に伝授!「コンビニおでんダイエット法」

皆さんはいつもコンビニで何を買いますか?コンビニの商品というと「脂っこいものが多く、高カロリーなものが多そう」というイメージを持たれる方も多いかもしれません。しかし、コンビニで売っている「おでん」は、実はとても低カロリーで、ダイエットをしたいという方には最適な食べ物なのです!

小動物系OLおすすめダイエット

今回は、健康的なダイエットを知り尽くした小動物系OLおすすめの「コンビニおでんダイエット法」を紹介します!

クマさん男子に伝授!コンビニおでんダイエット法

今回「クマさん大好き食品」と比較するおでんの具は次の4つ。どれも栄養価が高くダイエットに最適です!

大根
食物繊維たっぷり且つ超低カロリー!出汁の染み込んだおでんのエース!

牛串
お肉なのにヘルシー!ダイエット中でもおすすめ。

たまご
1日1個は食べたい!良質なタンパク質を摂取できます。

厚揚げ
タンパク質豊富!満足感が高くカロリーは控えめな優秀な具。

この4つのおでんの具を、次の「ホットスナック」、「スイーツ」、「丼もの」と比べて見ていきましょう!

ホットスナック編

ホットスナックのカロリー

クマさん男子が大好きなコンビニのホットスナック!昼食のお供や、ちょっとした間食に買う方も多いのではないでしょうか。おでんと比較すると、カロリーはおよそ2倍。それほどカロリーは高くはないですが、油を使用した揚げ物系が多いので、食べ過ぎには注意したいですね。

スイーツ編

スイーツのカロリー

次にスイーツ部門を見ていきましょう。スイーツはホットスナックよりもカロリーが高く、消費するにはかなりの運動が必要になります。注意すべきは暖かくなると食べたくなるモナカ。一個食べるだけでお腹いっぱいになるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

モナカは一個食べると約1時間の運動が必要になるスイーツ。ダイエットしているという方はグッと我慢した方がいいかもしれませんね。

丼もの編

丼もののカロリー

ビジネスマンのランチの王様といえば、お肉たっぷりの丼もの!コストパフォーマンス最高の牛丼ですが、並盛りでも結構カロリー高めなので、ダイエット中は油断できません。また、単品で食べると栄養が偏ってしまうので気をつけましょう。

おでんとカロリー消費運動量を比較すると、その違いは一目瞭然!ダイエットしたいけど、お腹いっぱいになりたいという方は、豊富な具の味が楽しめるおでんでお腹を満たしてみてはいかがでしょうか。

最後に

imasia_10822543_M

ダイエットの基本は食事制限と運動です。上手に食事制限をするために、選択肢のひとつとしておでんを取り入れてみてはどうでしょうか?目指せ!脱クマさん男子!

この資料はBoxilで作成しました。Boxilでは資料掲載・資料作成を承っております。Boxilをチェック