非モテ男子が住んでるだけでモテる東京23区の費用対効果を調べてみた

春は始まりの季節ということで、心機一転お引越しを考えているという方も多いのではないでしょうか?一方、春といえば新しい「恋」を見つけたい気持ちになる季節でもありますよね。

今回は、そんな引越しを検討中かつ、新しい恋を見つけたい男性の方の参考に「住んでるだけでモテる東京23区の費用対効果」について、分かりやすいインフォグラフィックで紹介していきます!

女子にモテる区ランキング

非モテ男子がモテる区
まずは『住んでいるだけで女子にモテる東京23区』を見ていきましょう。

1位は”お金持ちなイメージ”で、女性から圧倒的支持を得た「港区」。美味しいレストランが揃っていることもあり、グルメな女性からの人気も高いようです。

2位は”閑静な住宅街”という感じの「世田谷区」。こちらも港区同様、高級感が漂うセレブな街として人気が高く、デザイナーズマンションが多いことから、「デザイナー男子が住んでいそう」というイメージもあるようです。

3位は”若者の街”としても有名な「渋谷区」。IT系のベンチャー企業が多くオフィスを置いていることもあり、「アクティブな性格の男性が住んでいる」というイメージから、遊び好きな女子からの支持も高い街です。

以上のことから、『女子にモテる区』にランクインしている街には、一定の“ステータス”“オシャレ要素”が備わっていることがわかります。次に、実際の23区の土地単価がどれ位なのかを見ていきましょう!

東京23区土地単価ランキング

23区土地単価ランキング
土地単価が一番高いのは、モテ区8位の「中央区」。2位に「千代田区」、3位に「港区」と続きます。こちらはイメージ通りお金持ちが住む街と言えるでしょう。

しかし、女子に人気の高かった「世田谷区」、「中野区」、「杉並区」などはランク外でした。ちなみに、世田谷区は“193万9954円/坪”、中野区は“225万5475円/坪”、杉並区は“174万0006円/坪”と、土地単価で見ると意外とリーズナブルなようです。

以上二つのランキングから「住んで得する費用対効果の高い街」はどこなのか、下のインフォグラフィックで見ていきましょう!

男性が住んでモテ得できる街ナンバーワンは…

住んでるだけでモテる東京23区の費用対効果
1位は”モテる区2位”なのに”土地単価の安価”な「世田谷区」。オシャレかつセレブなイメージを、最もリーズナブルに手に入れることができます。

2位は、モテる区4位の「中野区」。安く住めるメリットもさることながら、ショップや施設なども充実しているので、様々なデートを楽しむことができます。

3位は「杉並区」。モテる区6位の実力と、コストパフォーマンスの安定性を合わせ持つ魅力的な街と言えるでしょう。

以下、4位「目黒区」。5位「品川区」。6位「港区」。7位「渋谷区」。8位「新宿区」。9位「千代田区」。10位「中央区」という結果になりました。

最後に

今回は「住んでるだけでモテる東京23区の費用対効果」についてご紹介しました。「どうせ引っ越すなら異性からモテる街に住みたい!」という方は、ぜひこのインフォグラフィックを参考にしてみてはいかがでしょうか。

この資料はBoxilで作成しました。Boxilでは資料掲載・資料作成を承っております。Boxilをチェック