【保存版】これであなたもデキる男!結婚式に出席するときに気をつけるマナー全まとめ

「ジューンブライド」という言葉があるように、6月は結婚式のシーズンです。
結婚した友人の幸せそうな姿を見ることができる披露宴は、何度見ても飽きることがない程感動するもの。
その一方で、結婚式に出席するたびに、「結婚式のマナーて何があったっけ・・・?」と不安に感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、結婚式に参加する際に押さえておきたいマナーを紹介します。こうした公の場できちんとした振る舞いができる人は、周囲の評価もアップすることも間違いなし。ぜひ参考にしてみてください。

身だしなみ編

スーツ

pixta_1279011_M
結婚式に着ていくスーツは、男性の場合「略礼服」が一般的です。黒のスーツを着ていくのが最もフォーマルですが、グレーや紺色などのシックな色合いを好んで着る人も多いようです。会社に出勤するときに着るようなビジネススーツはNGなので、注意するようにしましょう。

チェックするポイントとしては、「サイズが体に合っているか」「アイロンがされているか」の二つ。これをしっかり押さえているだけでも、相手に与える印象は良くなります。

シャツ

row of shirts hanging on rail
フォーマルシャツの基本は「白シャツ」であることをまず押さえておきましょう。比較的カジュアルな披露宴などでは、カラーシャツやストライプシャツを着ても問題ありません。「ゲストにどんな層が来るか」ということを考えて、その場に適した服装をするようにしましょう。

スーツと同様に、「サイズが体に合っているか」「アイロンがされているか」を確認した上で、「襟や袖の汚れがないか」ということも加えて注意するようにしましょう。

ネクタイ

pixta_19958865_M
結婚式の場で着用するネクタイとして、伝統的に好まれているのは「白いネクタイ」です。素材はシルクのものが光沢があり、高級感が出るためオススメ。その他にもシルバーやライトグレーなど、光沢感が出るような色のネクタイが多く使われています。

「黒のネクタイ」は本来葬式で使うもので、「縁起が悪い」とされているので絶対に着用してはいけません。

pixta_18285643_M
結婚式では、ひも付きの「ストレートチップ」を着用するのがオーソドックス。色は黒にするのが無難でしょう。シンプルなデザインが特徴の「プレーントゥ」でも問題はありませんが、「プレーントゥ」を履く時には、つま先にデザイン穴(メダリオン)が開いていないものを選ぶのがポイントになります。

「自分の持っている靴は大丈夫なのかな?」と不安な方は、シューズショップの店員さんに聞いてみるのがオススメ。自分の要望に合った靴を一緒に探してもらうこともできるので、シーンに合った靴を揃えておきましょう。

カバン

ビジネスマン
男性はカバンを持たないのが普通です。もし持参したいという場合は、「クラッチバッグ」にするようにしましょう。

チーフ

フォーマル 男性
「チーフを身につけなければいけない」という決まりはありませんが、着けていると「この人なんだか素敵!」と思われるようなオシャレアイテムです。色はネクタイの色に合わせるのがポイント。

時計

close up of black classic male wristwatch
時計をつけていくことは、基本的にはマナー違反にあたります。結婚式のようなおめでたい場で「時間を気にしている」という印象を与えてしまうからです。「どうしても時間に余裕がない」という場合を除いて、時計はつけないようにしましょう。

振る舞い編

ご祝儀

pixta_21757966_M
身内以外の結婚式に参加する場合は、3万円をご祝儀として渡すのが相場。それ以上の金額を渡す際には、基本的に「奇数」の金額にするように注意しましょう。割り切れる「偶数」の金額は、「別れをイメージさせてしまう」からです。ただし例外として、「2」はペア、「8」は漢字で末広がりの意味を持つという理由で、OKとされています。

気をつけるポイントは、「新札を用意する」ということ。新札は銀行で用意することができますが、万が一忘れてしまった時には、布を当ててアイロンでしわをよく伸ばした状態で包むようにしましょう。

ご祝儀袋は「結び直すことがない」という意味を込めて、結び切りの水引きがついたものを使います。たくさん種類がありますが、包む金額に適したご祝儀袋を選ぶようにしましょう。ご祝儀袋にお札を入れる際には、向きを揃えて肖像の印刷が上になるようにすることも忘れずに。

ご祝儀袋への署名は、筆または筆ペンで書きます。上に書かれている「御祝」や「寿」の文字より大きくならないようにすることがポイント。また、ご祝儀袋をそのまま持って行くのは失礼にあたるので、暖色系の色をした「袱紗(ふくさ)」に包んで持って行くということも押さえておきましょう。

受付

pixta_15530378_M
会社の上司がいるような結婚式では、上司が先に受付を済ませるのを待ちます。自分の受付の番になったら、「新郎(新婦)友人の〇〇です。」と、受付の人が分かりやすいように自分の名前を伝えましょう。続いて、受付担当者の前で袱紗(ふくさ)からご祝儀袋を取り出し、表書きが相手に見えるようにして渡します。

食事

pixta_12264552_M
「フォークやナイフは一番端にあるものから使う」というマナーは知っている人も多いかもしれません。他にも気をつけておくと良いポイントがあるので、紹介します。

テーブルの上に置いてあるナプキンは、乾杯が終わった後でひざにかけます。立ち上がる際には、ナプキンを持ち、立ち上がって折りたたんでから背もたれかけるようにしましょう。また、結婚式に車で来ている人も当然いるはず。お酒を飲むことができない人が周りにいないか気を配り、いた際には係の人にお茶やジュースを持って来てもらうように頼みましょう。

マナーをしっかり押さえて、「デキる男」を演出!

身だしなみや振る舞いのポイントをしっかり押さえておけば、結婚式で失礼のない振る舞いをすることができる上に、「こいつはデキる男だな」と周囲の評価を上げることもできます。

皆さんも今回紹介した結婚式のマナーを参考にし、次の結婚式から実践してみてはいかがでしょうか。