無駄無駄無駄無駄ーッな時間を減らす!タイムマネジメント支援アプリまとめ

「友達と久しぶりに飲みに行く約束したけど、仕事が終わるかわからない…」しっかり自分の中ではタイムマネジメントしているつもりなのに、なぜか締め切り直前に焦ってしまうことはありませんか?

仕事を終わらす計画を立てても、いつも計画は絵に描いた餅で、予定オーバーの常習犯になっている…という経験があなたにもあるかもしれません。

あなたが無理なく、しかもタスクを予定通り終わらすには、仕事の行程だけでなく、普段の時間の使い方を見直す必要があります。

今回は、あなたが限りある時間をどのように使っているのか、今一度確認できるような、「時間見える化アプリ」を紹介します。

時間を見える化するって一体どういうこと?

ねこ

見える化「可視化」という言葉、あなたも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

もともと「見える化」は日本企業の経営管理で使われてきた方法です。一言で言うと、「現場の人が、データを見ることで、問題意識を高め、改善につなげる」ということです。

ここで、タイムマネジメントにおける「見える化」の目的とは、データから無駄な時間を見つけ出し、そのムダの改善方法をあなたが考えるようになるということです。

ぜひ、以下で紹介するアプリを利用して、日々の時間の使い方を改善しちゃいましょう。

時間の「見える化」を自動でしてくれる有能なスマホアプリ集めました

1.Timenote [¥0]

Timenote
出典:https://itunes.apple.com/jp/app/timenote/id439176506

時間の家計簿をコンセプトに作られたアプリで、App Store Rewind 2011に選出された優秀アプリ。

入力は、仕事・睡眠・交際・雑務・食事・運動など、様々な項目を1日カレンダーに埋め込んでいくだけ。

あとはアプリが、項目ごとに月々の合計・消費時間の増減などを表・グラフにまとめてくれます。

2.Life Analytics〜生活時間を見える化するライフログアプリ [¥0]

lifeAnalytic
出典: http://www.life-ana.com/ja/

GPSによる位置データで自動的に仕事と生活の時間を分けて記録してくれるアプリです。

通勤や外回りの情報も、移動(仕事)としてカウントしてくれる優れものです。

1日の時間の使い方は円グラフ、日々の推移は帯・折れ線グラフに自動的にまとめられます。

3.BusyBox [¥400]

busybox
出典:https://itunes.apple.com/jp/app/busybox-taimukado-raifurogu/id863003886?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

400円で有料ですが、払っても良いクオリティのアプリです。

日々のアクティビティ一つ一つに対して分単位で時間記録をつけることができます。

時間を追跡してくれるので、どの行動に自分が時間をかけているのかが、データとしてはっきりと現れます。思いがけないことに時間をとられているのが分かるかも知れません。

4.Timesheet  [¥480]

timesheet
出典: http://flaskapp.com/ja/timesheet/

このアプリはカレンダーを使ったタイプの時間記録アプリ。作業の開始前後どちらでも記録ができます。

このアプリは画面のデザインが非常に優れています。使っている方のレビューでも「デザインに惹かれて購入!」というものが多いです。

アップルウォッチにも対応しており、タスク名を選んで、スタートを押すと、ストップウォッチが起動し、実働時間を計測してくれます。

5.mem:o [¥0]

mem:o
出典:http://carolineandyoung.com/memo/

英語対応しかしていないため、英語が苦手な方は使用が難しいかも知れません。

行動の1日に占める割合を円の大きさや色合いなどで、ビジュアル化してくれるアプリです。

6.a TimeLogger [¥0]

atimelogger
出典:http://www.atimelogger.com/

Timenoteと同等の機能のあるアプリです。どちらを選ぶかは本人の好みといったところでしょうか。

作業開始と作業終わりにタップするだけで、毎日の作業時間を集計してくれます。ワンタッチで記録ができるので、面倒くさがりでも続けられそうです。

タップをし忘れても、後で修正・追加ができるので、「うっかり忘れていた…」という場合も安心です。

7.Yomo(時間管理アプリ) [¥0]

yomo
出典: http://yomoapp.tumblr.com/

シンプルさと、触りやすさを追求した時間管理アプリです。

一番の特徴は、怠け者のためのワンタップ記録機能。スマホのホーム画面からすぐに時間記録が可能です。

設定で広告の非表示をオンにすることで、広告が出ないようになるのですが、なぜか無料のアプリになっています。

8.WillDo – ライフログから未来がわかる [¥0]

WillDo
出典:https://itunes.apple.com/jp/app/id897352092?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

「見える化」から一歩進んでアドバイスまでしてくれるアプリがこちら。行動ログ(行動履歴)・スケジュール・タスクなどを入力して、利用します。

しばらくアプリを使い続けると、あなたの行動をアプリが予想し、未来を予測してくれます。

長く使い続けるほど、データが溜まって予測が正確になっていくらしく、自分の行動の意外な特徴が見つかるかも知れません。

9.MyStats [¥0]

MyStats
出典:http://www.mystats.net/jpn/

記録+分析で、目標達成の応援をしてくれるアプリ。1日の中で「何にどれだけ時間を使っているか」ということと、日々の推移・累計をまとめてくれます。

このアプリでは、記録する活動を自由に設定できるという特徴があります。例えば営業マンだと、契約獲得数を記録すれば、日々の仕事時間と獲得件数の関係などが分かってきます。

すごく自由に決められるので、アレンジして自分オリジナルの管理ツールを作ることができます。

10.SilentLog 自動で歩数・道のり・写真を記録 楽しく振り返る [¥0]

SilentLog
出典: http://silentlog.com/ja/

行動記録の中でも、移動手段・経路・歩数・写真を自動で記録し続けるアプリになります。

外回りの多い営業マンなどであれば、外出時に何をどこでしているのが、経路で大体思い出すことができるでしょう。

仕事終わりの寄り道なんていうのも、しっかり記録されるので、見られると困るデータも記録されているかも…

もちろん、旅行などで、写真をとるなど日記代わりに使っても楽しめるアプリです。

まとめ

上記のアプリで使いやすそうだな、と感じたものはありましたか?

あくまでこれらのアプリは、タイムマネジメントの手段であって、目的ではありません。アプリが教えてくれる「あなたのムダ時間」を、どう改善するかということのほうが大切です。

また、時間の見える化をすると、ムダ時間を教えてくれるだけでなく、これまでの取り組みの達成度合いを振り返ることができます。

自分の頑張りが使った時間として見えると、モチベーションアップにつながります。

ぜひ、時間の見える化ができるアプリで生産性をぐんぐん上げちゃいましょう。