【3D付箋・360°修正テープ・365日ノート】大人のための便利文房具15選

Messy Table Workplace Stationery Concept

文房具はデスクワークにとって欠かせない必須アイテムです。備品用文房具として、文房具を大量発注している会社も多いでしょう。タダで使えるというメリットはありますがやはりそこは大量発注、使い勝手がよいとは限りません。しかしどうせ使うなら便利で快適な「はかどる」文具を揃えておきたいですよね。

そこで今回は、はかどる仕事をサポートしてくれる頼もしい文房具を集めてみました。会社の備品とはひと味違う、あなただけのデスク周りを作ってみましょう。

「便利!快適!疲れない!」圧倒的な機能性を誇る最強の文房具たち

1.ホソミ(コクヨ)


幅3.6×長さ14.2×厚さ2.5cmと、ベンケースに軽く収まってしまうほどとてもスリムなホソミ。スリムなスタイルと携帯用ハサミの弱点でもあった持ちにくさを改善したことから、人気を博しています。携帯用ハサミであるので、分厚い紙などを切るのには向きませんが、コピー用紙などならすいすいと快適に切ることができます。

2.ユニボール エア(三菱鉛筆)

ユニボールエア
出典:http://www.mpuni.co.jp/products/ballpoint_pens/roller/air/cap.html

創業130周年を迎える三菱鉛筆が新製品として打ち出す「ユニボール エア」。その人の書き癖に合わせて変化する世界初の「育つ」ペン先が人気の秘密です。濃淡が綺麗に出るので、万年筆初心者にもおすすめです。

3.POPit(kamiterior)

popit
出典:http://kamiterior.jp/

たくさん貼るとついつい見落としがちになってしまう付箋。しかしこの付箋は違います。マークした箇所がすぐにわかる3D式になっているので、見落とすことがありません。何度でも貼りなおせるので、無駄なく使い回すことができるのもおすすめです。

4.CARDRIDGE PRO(ロンド工房)

名刺
出典:http://www.rondowerkstatt.com/product/cardridge/

うっかり名刺入れを忘れてしまったときでも対応できるのが、この名刺入れ「CARDRIDGE PRO」。厚さ2mmと世界で最も薄い名刺入れです。手帳や財布に入る厚さなので、万が一のときのため名刺の予備を忍ばせておくとよいでしょう。

5.ネームペン ディアレ(シヤチハタ)

main
出典:http://www.shachihata.co.jp/products/new_item/namepen_deare/index.php

印鑑とペンが合体したボールペンです。朱肉がいらないシャチハタの印鑑なので、他に必要なものもありません。ネットから注文するので、難しい漢字や珍しい苗字にも対応しています。

6.ネーム9着せ替えパーツ キャップレスホルダー(シヤチハタ)

シヤチハタ
出典:http://http://www.shachihata.co.jp/products/new_item/capless_holder/index.php

定番のシャチハタの印鑑に着せ替える便利道具。本体やキャップなどとにかくなくしやすいハンコですが、これさえあればその心配もありません。シャッターがあるため乾かず、キャップを取る動作をする必要がないので片手で捺印できます。

7.クルティア(ゼブラ)


360度回転するヘッドで、カーブもなめらかに引けるゼブラの「クルティア」。コンパクトさ、持ちやすさ、何より回転によって修正テープ界に大きな革新をもたらしました。縦書きの文章や図表など複雑な動きが要求されるときに真価を発揮します。

8.サクリフラット HD-10FL2K(マックス)

ホッチキス
出典:https://wis.max-ltd.co.jp/op/pdf/catalog/hp_sakuriflatnew_140324.pdf

なんと背中に予備の芯を補充できるホッチキスです。案外すぐになくなってしまうホッチキスの芯ですが、これさえあればもう大丈夫。最大28枚まで閉じることができるので、多少量がある程度の書類ならこのホッチキスにおまかせあれ!

9.HiLINE ペーパーナイフ(クツワ)

ナイフ
出典:http://www.kutsuwa.co.jp/products/view/2316

封筒もダンボールも切ることができる優れもの。1本で2通りの使い道があるので、ハサミの刃を傷めずに切ることができます。グリップも滑りにくく力が入れやすくなってるのも◎

10.大人の鉛筆(北星鉛筆株式会社)

鉛筆
出典:http://www.kitaboshi.co.jp/home/otonanoenpitu.html

下町の老舗町工場が発売している「大人の鉛筆」。シャープペンやボールペンなど、様々な種類のペンがありいつしか使わなくなってしまった鉛筆の良さをもう一度再認識してほしいという思いから生まれたそうです。日本文具大賞優秀賞も受賞している本作、一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

11.365NOTEBOOK A6(新日本カレンダー)

カレンダー
出典:http://www.365series.net/

日めくりカレンダーと同じ紙から生まれたノートです。365日、1日ずつノートがあるので日記にメモに落書きに、様々な用途で使用できます。表のツルツルした面には鉛筆やボールペン、裏のザラザラした面には万年筆がおすすめです。

12.アルミ定規15cm(クツワ)

定規
出典:http://www.kutsuwa.co.jp/products/view/1702

見た目はただのアルミ定規なのですが、側面が斜め45度に加工されているためカッター代わりになる優れものです。ノートの端を切り取るときや即席メモを渡したいとき、雑誌の切り抜きに至るまで、あると何かと便利な一品です。

13.プロパス ウィンドウ クイックドライ(三菱鉛筆)

蛍光ペン
出典:http://www.mpuni.co.jp/news/pressrelease/detail/20151019084021.html

大切なところ、覚えるところなどにチェックを入れるための蛍光ペンですが、ついつい引きすぎて線がはみ出してしまうことがあります。そういったことを防ぐためにペン先が透明になるように設計されています。また、従来より3倍も速乾性があるのでページが擦れて滲むことが少なくなりました。

14.電子吸着ボード「ラッケージ」(KING JIM)

ボード
出典:http://www.kingjim.co.jp/products/office/rackage

微弱な静電気を放出することで、マグネットなどを使用せずに紙をペタペタと貼っていけます。静電気を使用していますが触れてもビリっとこないのでご心配なく。タスクやメモなどを貼っておくのに便利です。

15.ソフトリングノート(コクヨ)

ノート
出典:http://www.kokuyo.co.jp/com/press/2015/02/1674.html

書いていくうちに自分の手とリングが触れ、地味〜な痛みにストレスを感じることはありませんか?このノートは手が当たってもプニプニして痛くないので、そうしたストレスを感じにくく集中力が途切れません。受験生のみならず社会人の方にもおすすめです。

まとめ

デスクワークをする上で毎日必ず使う文房具。毎日使うものですから、ストレスなく便利に使っていきたいものです。ご紹介した文房具を上手に活用して快適なオフィスライフを過ごしてください。