大統領か猟奇殺人者か?意外と身近にいる「サイコパス」の恐怖

サイコパスって何?

サイコパスとは、反社会的人格の一種で、精神病質者を指す心理学用語です。ここ最近では、ドラマ『サイレーン』では、女優の菜々緒さんが目的のためなら殺人すらも厭わないサイコパスの悪女を演じ、話題を呼んでいます。

とはいえ「サイコパスな精神異常者なんてフィクションの中だけの話だろう」と、自分にとっては縁の遠い話だと思ってしまいがちですが、それはとても危険な考え方です。なぜなら、サイコパスとしての素質は多かれ少なかれ、我々一人ひとりに必ず備わっているからなのです。

そして、最近の研究では企業の経営者(CEO)や経営陣、果ては大統領など、組織のトップ立つ人は強いサイコパス気質を持つことが多いことがわかってきました。もしかしたら、あなたが働いている会社の経営者がサイコパスの可能性も…

そこで今回は、サイコパスの特徴を解説するとともに、なぜ経営者にサイコパスが多いのか、そしてサイコパスに遭遇した際にどういう行動をとるべきなのかをご紹介します。身近なサイコパスから身を守りましょう!

サイコパス=猟奇殺人者?

サイコパスの特徴

サイコパスといえば、酒鬼薔薇聖斗事件や、小説・映画『悪の教典』といった猟奇殺人者や大量殺人者を思い浮かべる人も多いでしょう。もちろん、これらの事件の犯人もサイコパス特性があるとされていますが、サイコパス特性を持つ人全てがこういった猟奇殺人者や大量殺人者になるわけではありません。

犯罪心理学者のロバート・D・ヘアはサイコパスの特徴を以下のように定義しています。

・良心が異常に欠如している
・他者に冷淡で共感しない
・慢性的に平然と嘘をつく
・行動に対する責任が全く取れない
・罪悪感が皆無
・自尊心が過大で自己中心的
・口が達者で表面は魅力的

出典:Wikipedia 精神病質

つまり、大量殺人など大きな犯罪を犯さなくとも、一見魅力的に見えるものの、過度な自己中心的考えを持っていて、他人に対しての思いやりや共感する力が著しく欠如しているといった条件に当てはまる人は、サイコパスとしての素質があると言えます。

そしてその素質がある人にとって、「倫理観」や「相手の心情」は、自分の目的の前ではまったく無価値なのです。つまり、目的のためなら手段を選ばないということです。それがたとえ、殺人や強姦といった非人道的な行いだったとしても、です。

天才?英雄?あのケネディ元大統領もサイコパスだった!?

ケネディ元大統領もサイコパス?

感情の欠如により、目的のためなら手段を選ばないサイコパス。しかし、サイコパスの特性は、企業の経営者や大統領など、何かしらの組織のトップに立つ人に求められる素質と近しいものがあります。

オクスフォード大学の心理学者ケヴィン・ダットン博士によると、サイコパスかどうかを判定するために以下の7つの項目を見るといいます。

・非情さ
・魅力
・一点集中力
・精神の強靱さ
・恐怖心の欠如
・マインドフルネス
・行動力

企業や国といった組織のトップは、カリスマ性や魅力、口達者で社交的な側面が求められる反面、どんな状況下でも冷静に、リスクを恐れずに決断する感情にとらわれない側面も求められます。時には感情を殺し、冷徹に、罪悪感さえも捨てなければならないのです。

かつてのアメリカ大統領だったジョン・F・ケネディ、セオドア・ルーズヴェルトにもそんなサイコパス特性が見られたとも言われています。国を引っ張っていくためには、人をぐっと惹きつける圧倒的なカリスマ性はもちろんのこと、どんな野次や誹謗中傷にも揺るがず、冷静でいられる強靱な精神力が必要です。

つまり、感情を殺し、躊躇せずに自分の考えを押し通していく力が求められる組織のトップであるための条件は、サイコパスの特性との共通点が少なからず存在するということです。

一生の間に出会わない人の方が少ない?意外といるサイコパス人口

In_the_Dark_Woods_(5107954480)
先にも挙げたように、殺人まで犯さずともサイコパスの資質を持っている人はあなたの近くに思った以上にいるかもしれません。

アメリカの心理学者マーサ・スタウト氏は著書『良心を持たない人々』において、欧米では人口の約4%がサイコパスであるとしています。つまり、25人のクラスに1人は良心や共感性が欠如しているサイコパスが混じっているという計算になります。

欧米と比べると、日本人のサイコパスの割合はとても少ないのですが、それでも100〜300人に1人はサイコパスがいるとされています。それだけあれば一生の間にサイコパスと出会わない人の方がめずらしいでしょう。

「あいつもしかしてサイコパス…?」その直感が一番の対策

もしかするとサイコパス?

では、もし友達や同僚など周りの人がサイコパスないしはその資質を持つ人だったら、どうすればいいのでしょうか。結論から言うと、違和感を感じた時点でその人となるべく関わることを避けてください。

元も子もない言い方ですが、それしかありません。悪魔は善人の顔で近づいてきます。人を見た目や肩書きで判断せず、きちんと本質を見極めるようにしましょう。発言の明らか食い違いやあらゆる嘘には敏感になりましょう。そして、言い知れぬ違和感を覚えたときにはなるべく関係を持たないようにしましょう。

とはいえ家族などあまりにも距離が近い人がサイコパスだった場合、距離を取るのはなかなか難しいかもしれません。そんなときは、なるべく距離を取りながら信頼できる友人や知り合いに常に相談し、その状況を知ってもらうことも大切です。

サイコパスは人の善意につけ込みます。彼らの言うことを鵜呑みにすることはとても危険であり、気づいたらサイコパスの標的とされていいように使われてしまうかもしれません。「信じるためにまずは疑うこと」が人間関係を築いていく上で重要なことを忘れないでください。