「体感温度は5℃下がる!」クールビズ界のプロがこだわるインナーウェア選び

暑さも湿度もどんどん増してきましたね。クールビズの準備を始めている方も多いのではないでしょうか。「シャツ・スーツ・ネクタイ…と準備は万全」と思っているあなた、何か大事なことを忘れてはいませんか?それは一番肌に近い、インナーウェアです。

営業回りなどでムレたりして「見た目はクールビズだけど、全然クールじゃないぞ…」と満員電車の中のように、不快指数は上昇しがち。今回は周囲からは見えないけれど快適さを左右する肌着をあなたのタイプに合わせてご紹介します。

TYPE1:「下着とか 着れればいいでしょ 安物で(字余り)」なあなた

安いインナーでも機能性を追求したものはたくさん出ています。このジメジメ大国である日本だからこそですね。

ユニクロ AIRism

AIRism
photo by YouTube

格安機能性インナーウェアの申し子とも言えるユニクロがシルキードライに変えて、現在売り出しているAIRism。汗がすぐ乾く化学繊維を開発し、消臭効果も優れています。伸縮性にも優れ、暑くジメジメする日本で働く人の快適さを応援する商品になっています。

イオン クーリッシュファクト

クーリッシュファクト
photo by YouTube

イオンが開発した機能性インナー。かなり薄手で、軽量。まるで何も着ていないような錯覚をしてしまいます。消臭効果も兼ね備えており、汗の中のにおい成分であるアンモニア・酢酸などを生地が吸着して臭いの発生を抑えます
薄手の割には吸収性もよく、すぐ乾くため暑い夏場にはぴったりです。

GUNZE クールマジック

くーるまじっく

photo by amazon

GUNZEが販売しているクールマジックという機能性インナーの特徴はなんといっても、以下の3つの爽快感を好みに合わせて選ぶことができる点です。

「冷」:クレメルマスターという独自の糸を使用。吸汗性と速乾性を高めて、ヒンヤリとした快適さを保ちます。

「颯」:超軽量繊維を使用し、肌離れのよさを高めたモデル。汗によるベタつきを抑えて着心地をサラサラなまま保ちます。

「綿」:綿糸を使用していますが、糸に撚り(より)をかけて、涼しさとソフトな肌触りを実現しています。「ふわさら」感が特徴的です。

TYPE2:「ビジネスはスポーツだ!数字なんて足で稼ぐ!」あなた

体育会系なあなたはビジネスとスポーツに多くの共通点を見つけているはず。そう、インナーウェアもスポーツとの共通点です。良いインナーを着ると強くなった・上手くなった気がした経験はありませんか?スポーツメーカーのインナーはあなたの気持ちを高ぶらせてくれます。

ミズノ アイスタッチ

icetouch

photo by amazon

熱を伝えやすい繊維を採用しており、体の熱を外へ出してウェア内を涼しく保ってくれるという機能のある商品です。なんと体感温度を3〜5℃もさげると言われています。もちろん吸汗速乾性も優れており、ドライでさらっとした肌触りを長持ちさせます。また、部屋干しの嫌な臭いを抑えるため、細菌の増殖を抑えるテクノロジーが使われています。

ナイキ プロコンバットハイパークールコンプレッションシリーズ

nike

出典:nike.com

とても長い商品名ですが、コンプレッションシャツの一種です。コンプレッションシャツというのはアスリートなどがよく来ている肌にぴちっと密着したインナーウェアのことです。

「ビジネスシーンでは、シャツの下には着れないのでは…」と思っている方も安心。色はホワイトなどもあり、透けるのを防いでくれます。ハイパークールと名が付くだけあって冷感性に優れています。

アンダーアーマー ヒートギア

under

photo by amazon

アンダーアーマーはアスリートたちが愛用するコンプレッションシャツを中心としたインナーウェアのブランド。ヒートギアは風を感じるほど高い通気性・軽量性・速乾性・伸縮性を兼ね備えています。

さらに、肌にぴったりフィットすることで余計な振動を抑え、疲労を軽減する効果もあります。営業回りなどアクティブに動く仕事をするビジネスマンには強い味方になるでしょう。

TYPE3:クールビズでクールガイになる。そんなモテ思考なあなた

機能とデザイン両方を追い求めるあなたは有名ブランドが展開する中〜高価格帯のインナーウェアがおすすめです。ブランド物のインナーウェアにこだわる人はどことなく自信にあふれたロマンチストが多いそうです。ワンランク上のメンズになりたいならば、下着にこだわってみてはどうでしょう。

カルバンクライン

カルバンクライン

photo by amazon

デザイン・履き心地・知名度で世界のトップに位置しているブランド。マイクロファイバー、コットンなど様々な繊維を使っています。夏にお勧めなのは Air Micro Boxer Briefモデル。通気性に優れたマイクロファイバーを使用し、さらっとした履き心地を実現しています。

HOM(オム)

HOM

出典:Triumph

女性下着メーカーとして有名なTriumphが取り扱っているメンズインナーウェアブランドです。HOMのクールインナーはビジネスシーンに最適なカラーバリエーションを揃えており、機能面でもべたつきにくく、ムレにくい優れものです。企画の際に、ミリ単位で長い年月をかけて調整しており、フィット感が抜群です。

エンポリオアルマーニ

アルマーニ

photo by amazon

エンポリオアルマーニは有名ブランドの中では比較的安価で購入できます。履き心地を追求するには、ストレッチングコットンという伸縮性に優れた素材のものを購入するとよいです。下着にはこだわりたいけど、お金があまりない…という方にもオススメです。

TYPE4:パンツ×3!働くモチベーションがパンツなあなた

「ダサい」「はき心地もイマイチ」それくらいなら履かないほうがまし!というパンツ狂なあなたにお勧めの高級インナーウェアブランドを紹介します。

滑らかな肌触りはまるで何も履いていないかのよう。もちろん良質なため高価ですが、仕事でのパフォーマンスも上がり、お財布も潤うかもしれません。

GUOYA(グォヤ)

GUOYA
出典:GUOYA

満足感・充実感・優越感といった欲求に応えるブランドとして立ち上がったGUOYA(グォヤ)。優越感に浸るというだけあって商品ラインナップはどれも10000円前後する高級ブランドです。使用されているのはエジプト綿の中で最高品質を保つGIZA45というもの。欧州では新生児の高級肌着に使われることも多く、とても肌に優しい素材です。

ドルチェ&ガッバーナ

ドルチェアンドガッバーナ
出典:raffaello network

イタリアの代表的なラグジュアリーファッションブランドであるドルチェ&ガッバーナ。デザインはもちろんのこと、履き心地も良く、まさに勝負下着にぴったりです。価格帯は幅がありますが、5000円〜10000円超となっています。

まとめ

あなたはどのタイプに当てはまったでしょうか?たかが下着!されど下着!インナーウェア1つで1日の快適さは大きく変わります。ぜひクールビズでシャツ・ネクタイ・ソックスを買い換えるついでに、インナーウェアも揃えてみましょう。