継続が難しい英語学習がゆるく続いて仕方ないツールまとめ

英語を身につけたい…!」こうした思いは、あなたを含めて、他にも多くの方が持っていると思います。

でも、同時に「どうせ本を買っても、アプリをダウンロードしても、英語のプレゼン動画、見ても、続かないんだよなぁ〜」と頭の中でもやもやとしていませんか?

そう、英語学習の最大の壁は「継続」にあります。今回は、「英語学習は単調ですぐ飽きてしまう」という悩みを解消してくれる英語学習サービスを紹介します。

1.スマホ・タブレットアプリ

スマートデバイスは持ち運びに便利でスキマ時間に勉強するのに非常に優れています

英単語帳やテキストなど、場所を取るものをカバンに入れていなくても、何種類もの教材を使うことができます。

ポリグロッツ (無料)

polygiots
出典:http://www.polyglots.net/

リーディング力×語彙力を同時に鍛えられる優秀アプリがこのポリグロッツ。自分の関心がある英文を、英語レベルに合わせてレコメンドしてくれます。

英文のリーディングが続かない大きな理由は「知らない単語を調べる手間がかかる」「調べたはずの単語を忘れていて萎える」ということ。

ポログロッツでは、単語をタッチするだけで辞書機能が起動し、単語を調べる手間が省けます。さらに、調べた単語はのちにまとめて学習ができます。

zuknow 友達とクイズで競える学習アプリ(無料)

zoknow
出典:https://www.zuknow.net/

英語のみならず他の資格や勉強にも使える、学習アプリzuknow。カード形式で暗記し、クイズでアウトプットするというサイクルを繰り返して、知識を身につけていきます。

継続できるような工夫として、学習記録がグラフ化される、毎日決まった時間にクイズを通知する、ライバルをつくることができるという3つの特徴があります。

デザインも見やすく、使いやすさを追求したアプリと言えそうです。

脳に刻むTOEIC英単語

脳に刻む英単語
出典:https://itunes.apple.com/jp/app/naoni-kemutoeic-ying-dan-yu/

英単語を絵と合わせて覚えることができるアプリです。

どうしても英語→日本語と訳していると、会話などスピードの速い英語にはついていくことができません。

英語を聞いたらすぐにイメージが浮かぶようになることが、英語上達のコツでもあります。

英単語をイメージとしてインプットできるのが、このアプリの特徴でしょう。

松本人志の俺の覚えたい外国語100〜英語編〜(無料)

松本人志の英語アプリ
出典:http://otanjoubikai.jp/oreno/

ダウンタウン松本が選ぶ、英語で覚えておきたいフレーズを、ネイティブの発音付きで覚えることができるアプリです。

「松本人志だからこそ、こういった表現を覚えたいんだろうな」、というおもしろおかしい表現がたくさんまとめられています。

英語で笑いを取れるようになったら一人前、などとよく言われます。英語力とユーモアセンスを同時に伸ばしましょう。

ListenUpー英会話チャレンジリスニング

ListenUp
出典:https://itunes.apple.com/jp/app/listenup-ying-hui-huarisuningucharenji/

リアルなネイティブスピーカー同士の英会話をリスニングし、それについてのクイズに答えていく形式のアプリです。

普通はアメリカ・イギリス・オーストラリア英語だけのリスニングが多いですが、このアプリでは、パキスタン訛りの英語なども取り入れてあり、実践的です。

リアルな英会話なので、会話独特の言い回し表現などを吸収することができます。

mikan 最速の英単語 リスニングもマスター

みかん
出典:http://mikan.link/

スピード感が売りの英単語学習アプリがこのmikanです。知っている単語だったら右へ、知らない単語だったら左へカードを仕分けすることで、学習が進んでいきます。

5分でもスキマ時間ができれば、20語程度は学習が進みます。

ネイティブの発音もついており、片手で操作できるので、通勤電車の中などで学習がはかどります。

英会話ソーシャルマッチング (無料 課金システム有)

英会話ソーシャルマッチング
出典:http://www.gogakusms.com/

「英語をマスターしたかったら、その言語のネイティブスピーカーを恋人か友人にしておくといい」とよく言われます。

それを実践できるサービスが、この英会話ソーシャルマッチング

英語を教わる・日本語を教える、の両方を選択できるlanguage exchangeを通じて、自分だけの英語学習パートナーを作っちゃいましょう!

2.ウェブサービス

ウェブサービスは自宅などで時間がある時に、「集中して英語学習をしたい」というあなたをサポートしてくれます。

動画教材や音声教材に無料でアクセスできるため、使わない手はないです。

verbling (無料 ※レッスンに参加する場合は有料)

verbling
出典:https://www.verbling.com/

日本人は英語が苦手で、外国人はみんな第二言語としてでも流暢に話す、なんて実は固定観念。

そういったことを気づかせてくれるサービスがこのverblingです。

先生ごとにオンライン英会話レッスンがあるのですが、先生と他の受講者のやりとりを聞くのは無料!世界中の非ネイティブの英語を聞いて耳が鍛えられます。

※レッスンに参加し、発言するのは有料

vimeo : Sexy learning (無料)

sexy learning
出典:https://vimeo.com/channels/323738

これは英語中級レベル以上の方におすすめしたい動画教材です。そもそもこれは英語学習用ではなく、日常の「ハウツー」を動画にして紹介しているものです。

スクリプトもなにもありませんが、動画に出てくるのはシーンにそぐわないセクシーな美人ばかり。

作業などの説明というだけあってナレーションのスピードも発音もゆっくりでわかりやすいです。英語学習の気休めにどうでしょう?

メトロポリス Langage Exchange

メトロポリス
出典:http://classifieds.metropolis.co.jp/category/education/language-exchange

Langage Exchange つまり、相手に日本語を教えるかわりに、相手から英語を教えてもらうというパートナーを見つけるサイトです。

大変便利でおもしろいサービスですが、中には語学を一緒にやろうという名目で、出会いを求めてくる人などもいます。その点だけは注意すべきでしょう。

カフェ待ち合わせしてお互いに会話をする、などアウトプットを外国人にむけてやってみたいという方にはオススメできる学習法だと言えます。

English Central

Englishcentral
出典:http://ja.englishcentral.com/

無料オンライン学習サービスで、スピーキングができるのはEnglish Centralというサービス。

独自の音声認識システムで、発音の正確さと流暢さを判定し、アドバイスをしてくれます。

英語の動画を見ながらスピーキングもするので、リスニング力ももちろん身につきます。

まとめ

motivation

ゆるく継続して学習できそうなアプリやサービスを紹介してきましたが、やってみたいと思うようなものはあったでしょうか。

スマホアプリなどは通勤などのスキマ時間に、ウェブサービスなどは家で時間がある時に行う方がいいでしょう。

続けるためのコツは「上達や成長を実感すること」です。分かることやできることが増えたら、メモしてみるなど成果を見える化してみるとモチベーションUPにつながります