【母の日】女子力男子は知っている!ワンランク上のカーネーションの選び方

母の日のプレゼントの定番といえば、カーネーションですよね!お花屋さんに行くと、色んな種類のカーネーションが並んでいると思いますが、実は色によって花言葉が異なります。今回はそんな、「ワンランク上のカーネーションの選び方」を紹介していきます。

モテ男子は知っている!ワンランク上のカーネーションの選び方

赤いカーネーション:「母の愛」

カーネーション赤

定番の赤いカーネーションの花言葉は「母の愛」。他には「愛を信じる」「熱烈な愛」などの意味も込められています。鮮やかな赤いカーネーションはストレートに感謝の気持ちを伝えられ、お母さんに送るのにピッタリのお花となっています。

ただし、黒に近い濃い赤色のカーネーションは「哀しみ」や「欲望」といった意味を持っているので、珍しいからといって、むやみに選ばない方がよいかもしれません。

ピンクのカーネーション:「暖かい心」

カーネーションピンク
可愛らしいピンク色のカーネーションには、「暖かい心」・「感謝」・「上品・気品」・「美しい仕草」といった意味が込められています。また、ピンク色には心や体に満ち足りた気分をもたらしてくれる効果もありますので「いつも頑張っているお母さんを応援したい!」という方はこちらがオススメです!

青いカーネーション:「永遠の幸福」

カーネーション青
「永遠の幸福」の花言葉を持つのが、青いカーネーションと呼ばれている「ムーンダスト」。このカーネーションの特徴は、一般的なカーネーションの約2倍も長持ちすること。「お母さんに少しでも長く母の日気分を味わってもらいたい!」という方はこちらを選びましょう。

虹色のカーネーション:「感謝」

カーネーション虹
世にも珍しい虹色のレインボーカーネーションの花言葉は「感謝」。元々はオランダ産だったのですが、最近では日本でも生産されるようになり、比較的安価で手に入れられるようになりました。お母さんへのサプライズとしてもいいかもしれませんね!

最後に

今回は、母の日にオススメのカーネーションの選び方についてまとめて紹介しました。最後に、下記の色のカーネーションはあまり適さないので補足しておきます。

白いカーネーション:「亡くなった母へ贈る花」

オレンジ色のカーネーション:「恋人へ贈る花」

黄色のカーネーション:「軽蔑・嫉妬の意味も持つ花」

以上を参考に、今年の母の日は「花言葉」を意識してカーネーションを選んでみてはいかがでしょうか。