「伝わる文章力」を身につけたいときに熟読すべきスライドシェア15選

文章。それは言葉の代わりに文字を使って、自分の伝えたいことを相手に伝達するための方法です。しかし、口を使って伝えるのと文字で伝えるのでは、伝え方が全く異なるため、そこにいつも頭をかかえる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、Web上でパワーポイントやPDFなどのスライド資料をアップロード・共有できるサービス、スライドシェア(Slide Share)から「伝わる文章力」を身につける参考になる15のスライド資料を紹介します。

1. 文章を企画・設計する

文章にとって大切な、企画・設計などのハウツーを丁寧に解説してくれています。5W2Hとして新たに「HOW MUCH」を導入し、よりわかりやすくなっています。

2. 文章のクオリティを上げる方法

村上春樹やスティーブジョブズといった著名人の文章に関する発言を元に、クオリティの高い文章の書き方を伝授します。ただし、ビジネス用というよりは創作などの要素が強いので、ブロガーさんや自分で随筆や小説を書いてる人におすすめです。

3. 「相手に伝わる」文章を書く技術

ライティング、編集の基礎知識はもちろん、文章を書く人によく起こりがちなミスも例としてまとめています。ある程度の経験者の方も満足できる内容です。

4. 文章をもっと速くラクに効率良く量産するための4つのポイント

速くラクに効率良く文章を書くためのポイントを4つに絞っていることや画面一枚あたりの情報が少ないことから、簡潔でサクサク読みやすいです。

5. 初心を思い出してみよう

ビジネス塾っぽい内容のスライドですが、ビジネスシーンにおける文章の書き方やメールの書き方の基礎がまとめられています。また、敬語の使い方まで解説があるので、敬語に自信のない人はチェックしておいても良いでしょう。

6. 文章力を高める接続詞

文章の重要な要素である接続詞の使い方に特化したスライドです。文と文、文と語句をつなぐ論理的関係をきちんと理解すれば、あなたの文章も魅力的になること間違いなし!

7. 社会人プログラマが覚えておきたい 抽象化と具体化の事例

社会人プログラマ向けではありますが、抽象化と具体化に関しての理解がとても深まるので選びました。どちらもうまく有効に使えればとてもわかりやすい文章になるので、ぜひ実践してみてください。

8. プロダクトデザインとしてのライティング

文章を目的(=読者に特定の影響を与えること)を果たすための手段として捉え、論理構造とストーリーの設計について解説しています。

9. テキスト表現サンプル

これまでは文章力を扱ってきましたが、今回は「見せ方」にフォーカスします。行長、行送り、カーニングなど、文章の見え方や感じ方について実例を用いて表現しています。

10. 下読みをやっていて気になる文章のパターンとその対策

ラノベやエンタメ系小説から、捉えづらい文章のパターンを分析し、そうならないための解説がしてあります。エッセイで自分の見聞や経験を伝えたい人や小説が書きたい人は気をつける点がいくつもあるので参考にしてみてください。

11. 副詞的修飾関係の論点と課題

こちらは文章の書き方ではありませんが、修飾するにあたりよく間違えやすい事例を紹介しています。(「髪型が大きく変わった」など)

12. Yahoo!知恵袋の生みの親が語る!ウェブでの伝わる文章の書き方

Webで文章を書く人には必見の内容です。「伝える」と「伝わる」の相違についてなど、「伝わる」文章表現について深く掘り下げています。

13. 3分でわかる!記者に伝わるプレスリリースの書き方

伝わる文章の中でも、プレスリリースにフォーカスしたスライドです。表現から構成、リード文、背景など、プレスリリースのみならず他の媒体を使っている人も注目です。

14. IT系メディアのライティング手法

はるか昔から存在した「書く」ということについて、媒体が徐々に紙からWebへ変化しつつあります。ここでは、Webにおけるライティングの極意を紹介しています。

15. 文章を書く上で必要な考え方(基礎)

元東スポの記者のこのスライドでは、文章を書く上で守らなければいけない“ルール”と効果的な伝え方について扱います。シンプルにまとまっているのでとても見やすいです。