仕事がつまらないなら、すべてを“ゲーム化”して働けばいい

率直に聞きます。皆さんは、仕事を楽しんでいますか?

上司から振られたつまらない仕事を朝から晩までやって、疲れて家に帰ってようやく眠りについたと思ったらまた朝が来る。そんな生活に嫌気がさしている方も多いのではないでしょうか。

仕事が定時に終わったとしても1日8時間、つまり1日の3分の1は仕事をしていることになります。いくら仕事以外に楽しみを持っていても、仕事がつまらないと感じながら働くのは辛いもの。

そこで今回皆さんに勧めたいのが、「仕事を“ゲーム化”して働く方法」。ゲーム感覚で働く方法を身につけて、つまらない仕事を楽しく攻略できるようになりましょう。

ゲームの主人公は“あなた”

「仕事をゲームだと考える」

なかなかイメージが湧かない方もいるかもしれません。RPGを想像してみてください。

はじめは何もできなかった主人公が、仲間を集めて敵を倒すにしたがって成長し、最後には無事に与えられたミッションを達成する。実は、皆さんの会社生活も捉え方次第でRPG化することができるのです。

皆さん1人1人がゲームの主人公です。会社でのつまらない仕事や、馬が合わない上司の壁をどのように攻略して目標を達成していくか。

さあ、“仕事”という名の冒険の始まりです!

ゲームのクリア条件は、短期で達成できる簡単なものに!

冒険の最初のステップは、あなたのゲームの「クリア条件」を決めること。

短い期間で達成できるような、比較的簡単な条件にするようにしてみましょう。「社長になる」などという大きすぎる目標をクリア条件にしてしまうと、達成までの道のりが長すぎてモチベーションが続かなくなってしまいます。

まずは、1ヶ月で達成できるような内容をクリア条件にすることをおすすめします。

営業であれば、「売り上げ目標〇〇万円」などの数値目標でもいいでしょうし、数値目標が設定しにくい仕事をしている方は「上司の〇〇さんと仲良くなる」など、人間関係の向上をクリア条件にしてもいいかもしれません。大切なのは、「少し頑張らなきゃいけないけど、頑張れば届く」範囲のものにすることなのです。

ゲームをクリアするためには、どんなストーリーが必要だろう?

クリア条件が決まったら、ゲームをクリアするためのストーリーを考えていきます。

実際のRPGでも、「秘密の財宝を手に入れる」というクリア条件を達成するためには、「敵の〇〇を倒して仲間にする」「〇〇のアイテムを手に入れる」など、様々なイベントを発生させることが不可欠です。

皆さんが設定したクリア条件を達成するためには、どのようなこと(イベント)が必要になるのか、まずは箇条書きにしてみましょう。すべて項目を挙げたら、次はいつまでにそれぞれのイベントを達成するのか、期日を設定します。下の例を見てみましょう。

<クリア条件:4月中にA社の新規案件を獲得する>
・A社の課題ヒヤリング→4月5日(水)まで
・営業成績が昨年度1位だった上司に相談→4月7日(金)
・A社に合った商品プラン選定→4月11日(火)まで
・A社に出す資料作成→4月12日(水)まで
・資料の上司チェック→4月13日(木)まで
・資料修正→4月14日(金)まで
・資料の上司チェック→4月17日(月)まで
・A社に提案→4月19日(水)まで
・A社からの意見ヒヤリング→4月26日(水)まで
・修正・再度提案→4月27日(木)まで

 

このように、クリア達成までに必要なステップを書き出します。クリアまでの確度を上げるために、「営業成績が昨年度1位だった上司に相談」というステップも入れています。目標達成のために綿密な計画を立てることは、実はゲームのストーリーを組み立てることに非常によく似ているのです。

社内の人間関係を可視化するために、人物相関図を書いてみよう!

クリア達成をしやすくするために、そしてゲーム性を高めるために「人物相関図」を作ってみましょう。人物相関図とは、あなたを取り巻く周囲の人間関係がどのようになっているかを図で表したもの。

「上司のAさんと、同期のBさんは仲が悪い」「CさんはDさんのことを気に入ってるけど、DさんはCさんの振る舞いにうんざりしている」などと、矢印を使いながら人間関係を可視化させると、自分が社内の中でどのように立ち回ればいいのか、おのずと答えが見えてきます。

人間関係に問題を抱えている方は、この図を作ることによって人間関係を改善させることだってできるのです。

あとは全力でプレイ!自分だけのオリジナルストーリーを楽しもう

ここまで来たら、最後は「ゲームを全力でプレイする」だけ。

まずは、比較的に簡単なゲームをプレイして、、クリアする楽しさを味わいましょう。クリアできたら、自分にご褒美をプレゼントすることが大切です。こうして小さなゲームをたくさんクリアしていき、クリア条件を徐々に難しくしていきましょう。

クリアする喜びを知ってしまえば、目標達成までの道のりが険しくても、「よし、やってやろう」自然に頑張ろうという気持ちになれるはずです。最後に、ゲームをプレイするときのポイントをまとめました。

①短期間で達成できる簡単なクリア条件にする
②クリア達成までのストーリーを考える
③いつまでに達成するのか、期限を決める
④クリア達成をスムーズにさせるために、人物相関図を作る
⑤全力でゲームをプレイする
⑥ゲームをクリアする
⑦自分にご褒美をあげる

 

このサイクルを回し続けることによって、仕事を楽しく進めることができるようになるばかりか、いつの間にか目標達成意識の高い「仕事がデキる人」になっていることでしょう。1人ひとりのオリジナルのストーリーを楽しんで、単調な毎日を彩り豊かにしてみてはいかがでしょうか。