座っているだけで疲れてしまう窓際族の私が、本気で疲れない座り方を研究してみた。

私の名前は、窓紀夫。会社のみんなからは「マリオ」の愛称で親しまれている。緑色のノッポな弟はいない。現在独身、彼女募集中である。

最近、私にはある悩みがある。それはよくある『腰痛』なのだが、年齢のせいかここ数年ずっと悩まされているのだ。

ある日、皆から人気の新入社員である桃地さんからこんな指摘を受けた。

AL003-sashidasaretaocya20140722500-thumb-1200x800-5262

桃地「マリオさんの座りかたって、変わってますね?」

マリオ「え、そう?そんなこと初めて言われたよ。」

桃地「ええ、まるで背中に何十年も闘い続ける宿命を背負わされたような姿勢に見えます。もしかして、マリオさん腰痛とかじゃないですか?」

マリオ「マンマミーア!なんてことだ。まさかそんな風に見られていたとは…まさにそのとおりなんだ。」

桃地「でしたら座り方を変えるといいかもしれませんよ。少しは腰痛もよくなるかもしれません。結構マリオさんと同じような症状で悩んでいる子もいっぱいいるので、もし良い座り方がわかったら私にも教えてくださいね♪」

マリオ「なるほど、ありがとう桃地さん。ちょっと研究してみるよ。」

それからの私は試行錯誤を繰り返し様々な座り方を試してみた。ここから先はその研究を発表しよう。

今日からできる!疲れにくい座り方【実践編】

①足は組まず、地に足をつけるべし。

AL008-5w1hdesyo20140722500-thumb-1130x800-5340

▲足を組むことがクセになっている方も多いかと思いますが、これは体が傾く状態になるのと、上半身の重さが腰に集中してしまうので避けましょう。また、足を必要以上に前に出さないよう意識するとより効果的です。

 

②椅子と腰の隙間にクッションなどを置く。

HIR85_PCwonozokikomuneko20130618500-thumb-1131x800-5054

▲隙間があるとどうしても猫背になりがちになるので、ちょうどいい大きさのクッションやタオルを挟み背筋を無理なく伸ばしてみましょう。お腹に力を入れるイメージをすると良いでしょう。腰への負担も軽減する事ができます。

 

③ディスプレイとの距離は40cmくらいがベスト!

PAK86_notebiz20131223500-thumb-1200x800-5562

▲デスクトップのキーボードの横幅ほどの距離です。アゴを引いた状態で正面に画面が来るくらいの角度と高さであればなおグッドです。

 

④こまめに休憩をとり、ストレッチしよう。

OOK95_ageage20131223500-thumb-750x500-3998

▲立ち上がって休憩したり、座ったままでも足首、手首、肩、腰などを回して身体を動かしましょう。長時間の連続した座り作業はできるだけ避けましょう。

 

後日、この簡単にすぐできる実践法を桃地さんに話し、指摘してくれたお礼にクッションをプレゼントした。

AL201_nomikai1220140830190036500-thumb-1233x800-5411-1

桃地「わあ!ありがとうございますマリオさん♪すごい嬉しいです!」

マリオ「喜んでくれてよかった!桃地さんのおかげで腰痛が治ったよ。」

桃地「マリオさん、私この前美味しいランチのお店見つけたんです♪今から一緒にいきませんか?」

マリオ「マンマミーア!も、もちろんだよ!」

窓際族の私に、一筋の光が差し込んだ。ありがとう、そしてさようなら腰痛!