【性格タイプ別】ビジネス女子に効果抜群のモテる叱り方

「女性社員は叱りにくい」と思ったことはありませんか?気心が知れた男性社員であれば経験則で「こう注意すれば良い」というのが判断できますが、相手が異性だと「こう言ったら嫌われてしまうかも…」と躊躇してしまうものですよね。

今回は、4つのビジネスウーマンのタイプに合わせた適切な叱り方のポイントをまとめてご紹介していきます!

ガバナータイプ:仕事ででキャリアアップは当然の「姉御肌」

Governor

特徴

1. 仕事も私生活も常に目標を持って自分自身を高めていきたい!
2. 言いたいことははっきり言わないと気が済まない。
3. 気が合うのは、自分の意見をしっかり持って自立している人。

ベストアンサー
こんなミスをするなんて、あなたらしくないな。

打たれ強いメンタルの持ち主なので、基本的には男性社員と同じように叱っても大丈夫。逆に「それ、ちょっと違うんじゃないですか!」などと反撃されることもあるので、気弱な男性は要注意です。

男性と同じと言っても「バカヤロー!」などという野卑な言葉遣いはいけません。叱った後に「本来のあなたならできるはず」と期待感を添えてあげると効果的です。

プロデューサータイプ:仕事は楽しく自由にやりたい「ムードメーカー」

Producer

特徴

1. 楽しくなければ人生じゃない。ガンガン仕事してパーっと遊びたい。
2. ノリがいい半面、否定的な言葉に敏感に反応する。
3. 好奇心旺盛で挑戦好き!でも地道な仕事は苦手。

ベストアンサー
こうすれば、もっとうまくいったんじゃないかなあ。

楽しさ重視の正確なので、ネガティブなメッセージが大嫌い。あっけらかんとして見えるので、気配りを忘れてしまいがちですが、普段のノリで「お前、なにやってるんだよ!」などと叱ってしまうと、とたんにヘソを曲げられてしまいます。

褒める際は感情的、感覚的に「いいねえ、さすが!その勢いでガンガンやってよ!」と言えばよいのですが、叱る際は起きてしまったことにあれこれ言わず、具体的な改善策や解決方法を示せると効果的です。

サポータータイプ:気配りと優しさで周囲を支える「良妻賢母」

Supporter

特徴

1. 物事は焦らず、自分のペースでゆっくり決めたい。
2. 自己主張よりもチームワーク重視。議論や対立が嫌い。
3. 言われた仕事は一生懸命やるが、挑戦は苦手。

ベストアンサー
頑張ってくれたのはよくわかってるよ。でもね…。

人間関係の「温かさ」や場の空気を重視するこのタイプに対して、高圧的・威圧的な言葉はご法度です。他人の前で叱るのもNGです。「大変なのはわかってるよ」と共感を示したうえで、「でもね…」とミスや至らなかった点を指摘してあげるのがポイントです。

また、このタイプの女性は、他の社員が怒鳴られているのを見ているだけで、職場や上司を嫌いになってしまうことがあるので注意が必要です。

リサーチャータイプ:感情では動かない、冷静沈着な「研究肌」

Researcher

特徴

1. 論理的かつ客観的に話ができる人を好む。
2. 計画通りに物事が進まないとイライラする。
3. 仕事はコツコツと粘り強く進める。

ベストアンサー
どこが悪かったのか、あなたはどう考えているの?

自分の頭で考えて、納得しないと動かないタイプなので、ミスをしたときも頭ごなしに叱ってはいけません。たとえミスの原因がわかっていても、最初から結論を押し付けられたら反発されるだけです。

どうしてミスをしたのか、なぜ結果が思わしくなかったのか、自分の頭で考えさせることがポイントです。叱るというよりも、一緒に問題点を洗い出し、解決策を導くという姿勢が大切です。

最後に

今回は、ビジネスウーマンの性格に合わせた適切な叱り方をご紹介しました。会社でもプライベートでも、異性を注意したいときに使える効果的なテクニックですので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。