【作業用BGM】右脳を刺激する!ノイタミナで大人気放送中の『四月は君の嘘』クラシック集

仕事や勉強をするとき、音楽を聴きながら作業をしている人も多いのではないでしょうか?今回は、現在フジテレビ系ノイタミナ枠で大人気放送中のアニメ『四月は君の嘘』で登場する音楽と、あまり知られていないクラシックを聴くことで得られる効果について紹介したいと思います!

四月は君の嘘って?

11歳の秋、天才ピアニストと呼ばれていた有馬公生は、母の死をきっかけに突然ピアノが弾けなくなってしまう。それ以来、彼の時間は止まったままだった。そんな公生を気に掛ける幼なじみの少女・澤部椿は、公生をダブルデートに誘う。同じく公生の幼なじみの渡亮太がとある女の子に会うことになっていた。

気が進まないながらも待ち合わせ場所に向かう公生。彼はそこでピアニカを演奏する少女を目にする。渡のことが好きだという少女の名は、宮園かをり。彼女は、ヴァイオリニストだった!
第1話あらすじより(http://www.kimiuso.jp/story/

四月は君の嘘クラシック集


『四月は君の嘘』の劇中に登場する、人気の高いクラシック音楽です。ぜひ、聴きながら下のクラシックを聴くことで得られる効果についても読んでみてくださいね!

クラシックを聴くことで得られる効果

右脳を刺激し、記憶力を高める。

Pretty brunette thinking against green wall with graph
右脳は、人の感覚や感性を司っており、外部情報の判断・認識をしています。その記憶能力と情報処理スピードは、左脳とは比較にならないほど。特に、自分の見た視覚情報の認識・記憶度は非常に高いので、勉強の効率をアップさせたいときなどに効果的です。

ストレスを軽減させてくれる。

pose_2_mika_Fotor
クラシック音楽には、人の生体機能に刺激を与える高周波が豊富に含まれているため、副交感神経を刺激し、交感神経優位の状態を改善する働きがあるといわれています。ストレスの軽減のほかにも、免疫細胞の免疫力強化、痛みの緩和などの効果があるようです。

感情をコントロールしたいとき

Young businessman resting head on computer keyboard in the office
どうしてもやらなくてはいけない仕事があるのに眠たくなってしまったときには、少しアップテンポの曲を聴くと、感情を切り替え、コントロールすることができます。クラシックには歌詞がないので、余計な思考に陥らず、適切に自分の感情を高揚させることができます。逆にリラックスしたいというときには、α波を誘発してくれるスローテンポな曲を聴くとよいでしょう。

最後に

クラシック音楽を聴くことは、仕事を効率的に進めたり、身体を休ませたりすることに大いに役立たせることができます!ぜひあなたの生活にもクラシックを取り入れてみてはいかがでしょうか?