【PR担当必見!】魅せるプレスリリースを作成するために意識すべき3つの極意

人の目に留まりやすいプレスリリースの条件にはどのようなものでしょう?「ニュースバリューのあるキーワード」、「レイアウトの美しさ」、「説得力のある文章」など、いくつか挙げられるものがあると思います。

今回は、「魅力的なプレスリリース」を作成するために最低限覚えておきたい鉄則をご紹介していきます。プレスリリース作成でお悩みのPR担当者の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

1. PR初心者がプレスリリースでやりがちなミス

shutterstock_334404836

フォーマット通りのデザイン

一般的なプレスリリースの形式でもダメというわけではありませんが、目に留まりにくく、多くのリリースを受け取るには見過ごされてしまいことが多いでしょう。

特に大切なプレスリリースを出すときには、デザイン、キャッチコピーを念入りに考え、一目で伝わるようにする必要があります。

ブランドイメージと違うフォントを使っている

無料で使える新しいデザインフォントも魅力的ですが、選ぶ基準を間違えてしまうとブランドの持っているイメージを崩してしまう可能性があります。

例えば、教科書のような丁寧なフォントは読みやすさは抜群ですが、少し固めの印象を与えてしまうことがあります。逆に少し崩れたユニークなフォントは刺激的ですが、子どもっぽい印象となってしまうこともあるので注意が必要です。ブランドイメージにあったフォントが適宜選択できるよう、センスを磨いておきましょう。

グーグルマップを流用してしまう

多くの人に認知してもらうために、わかりやすく地図を付けることがあるかと思います。しかし、グーグルマップを掲載するだけでは、どこかチラシのようなチープさが出てしまうこともあるでしょう。

ブランドイメージを損なわないために、色味を抑えたシンプルな地図を掲載すると、無難かつオシャレに見えるのでオススメです。

2. ブランドイメージを高めるプレスリリースの3つの特徴

shutterstock_302536883

大きなタイトルで特別感を演出している

ブランドのキーカラーを大胆に使うことで、特別感を出し、インパクトを高めることができます。一般的に本文の情報に意識を向けがちになってしまいますが、思い切ったデザインをすることで、ブランドイメージをより強烈に演出することができます。

格式を感じさせるフォントを使用

同じ内容のプレスリリースを作成したとしても、使用するフォントによって受けての印象は変わるものです。

読みやすさを考えながらも、格式が感じられる、しかし古すぎないブランドイメージにあったフォントを厳選してみましょう。

写真のクオリティが高い

使用する画像は特に重要です。大きさの調整も全体のビジュアルを崩さないようにしっかりと考える必要があります。

ブランドイメージや使用フォントとのバランスも配慮し、適宜補正してみるとよいかもしれません。

3. 普段からできるプレスリリース作成の準備

shutterstock_142785169

使えそうな言葉や言い回しをメモしておく

受け手に関心を持ってもらうためには、まず第一に言葉のセンスを磨く必要があります。例えば日常的にコンビニや本屋へ行くという人は、普段読んでいる雑誌の表紙に使われている言葉で、刺さったものをメモしておくことで、いざというときに便利な「自分専用辞書」として活用することができます。

他社の良作資料事例を収集しておく

他の企業や団体が出している資料の中にも良いヒントを与えてくれるものがあるので、習慣的に収集しておくとよいでしょう。家電用品店などではパンフレットを無料配布しているので、デザイン、ビジュアルの参考に足を伸ばしてみるのもオススメです。

色使いに気を配って生活する

ブランドカラーと類似する色を使用しているものは意外と日常の中にあふれているものです。そんな色と相性のよい組み合わせを見つけることで、プレスリリースを作成する際、配色デザインを考えるよい助けとなってくれるはずです。

これらのポイントを意識して、ぜひ魅力的なプレスリリースを作成してくださいね!