【一流思考】NOSIGNER太刀川英輔氏がTEDで語る「美の調和」をビジネスに取り入れよう!

太刀川英輔氏プロフィール

1981年生まれ。法政大学工学部卒業後、慶應義塾大学大学院理工学研究科へ。在学中の2006年にNOSIGNERを立ち上げ、プロダクトからグラフィック、空間デザインまで、ジャンルを問わずデザインを手掛ける。
SDA AWARD サインデザイン最優秀賞、DSA AWARD 空間デザイン優秀賞をはじめDesign for Asia Awardなど、国内外の様々なアワードを受賞。

日本の美の原点は「調和」である。

日本はなぜ美しいのか、それは「モノをつくろうとしているのではなく、周囲(自然など)との「調和」をつくろうとしているからだ」と太刀川氏は語ります。続けて、現在の日本の状態はどうでしょう?と問題提起をしています。

 

過去が調和していない現代

▼威光のない信長・・・

スクリーンショット 2014-10-15 10.04.15

▼お手洗のお寺・・・

スクリーンショット 2014-10-15 10.05.20

▼竹柵とプラスチックコーン・・・

スクリーンショット 2014-10-15 10.06.05

▼現代の多すぎる案内板・・・

スクリーンショット 2014-10-15 10.06.53

 

もう一度、周囲との調和を考えてみませんか?

スクリーンショット 2014-10-15 10.09.14

↓(余計なものをとってみると・・・)

スクリーンショット 2014-10-15 10.10.19

 

スクリーンショット 2014-10-15 10.11.14

↓(伝統産業の暖簾に変えると・・・)

スクリーンショット 2014-10-15 10.12.15

 

スクリーンショット 2014-10-15 10.13.09 

↓(消化器の入れ物を変えると・・・)

スクリーンショット 2014-10-15 10.13.45

東京オリンピックも近づき、海外からのお客さんも多く訪れることになる観光地。少し視点を変えてみると、より美しい日本が現代でも見ることができるのかもしれません。

 

あなたのPowerPointに「調和」を

「美の調和」の思考法はビジネスでも応用できます。今回は下記のPowerPoint資料を例に取り上げてみます。

スライド1
▲情報が乱雑に列挙していて、本当に伝えたいものが何なのかわかりにくい状態になっています。では、「美の調和」を取り入れたらどうなるのかというと…

スライド2
▲改善後は伝えたい情報をしっかりと分類し、整理され、資料全体に調和が生まれました。これなら、プレゼンするときにも説明がしやすいですよね。このように、余計なものを引き算し、情報整理をすることによって資料もより質の高いものにすることができます!

 

最後に

皆さんの資料にもぜひ、今回紹介した太刀川氏の示す「美の調和」を取り入れてみてくださいね!太刀川氏のTED映像はこちらからご覧いただけます。