ビジネスパーソンなら脚ではなく、アタマを使ってフルマラソンも完走せよ!

一時期、加熱したマラソンブーム。皆さんの周りにも、「休日走ってるんだよね」とか「東京マラソン当たっちゃってさ!」という方も1人や2人、いるのではないでしょうか?

そのブームが終わったか・・・と思いきや、「走る人はデキる人」、「皇居ランナーは年収が高い」といったことを提唱するような記事がチラホラと見受けられるようになりました。

そう、実はマラソンは脚力ではなく、“頭脳とメンタルのスポーツ”。そこで今回は、少しでもランニングやマラソンに興味のある読者に、とっておきの攻略法をお伝えしたいと思います。ノリでマラソンにエントリーしてしまったそこのアナタも必見です!

マラソンは、戦略と戦術で攻略するスポーツ

もちろん、本気でタイムを狙っている人は日々、結構なトレーニングを積んでいるでしょうから速いのは当然です。ただ、マラソンの面白いところは、初めてフルマラソンを走るような人がいきなり好タイムを出せるというところ。

これは偶然ではなく、その人に合った適切な戦略と戦術に基づいて42.195kmをクリアしているのです。ラクなペース配分、仕事をしながらでも無理のないトレーニング方法、適切な食事の摂り方・・・そう、フルマラソンはアタマで攻略できるスポーツです。

今からでも間に合う、フルマラソン攻略法

imasia_1501675_M

フルの半分、21kmを走りきれる脚力があればOK!!

たとえ戦術と戦略をしっかり立てても最低限のフィジカルは必要です。これは仕事も同じですね。実はフルマラソン、つまり42.195kmを走り切るには、その半分の21kmを走れる体力・脚力があればOK!普段走っていない人は、まず5km走り切ることからスタートし、次は10km最終的にハーフを走れるようになれば大丈夫です。

ただ、ここで注意すべきはそのペース。フルマラソンには制限時間があるので、21kmを走った時、自分は1kmを約何分で走れるのかを抑えておくことが大事です。たとえば、東京マラソンの場合、制限時間は7時間。この場合、1km9分で走れば大丈夫です。これは早歩きに等しい速さなので全く問題ありません。

imasia_661033_M

レース前は絶対に脚に疲れを残さない!!

ギリギリまで追い込むのが大事なイメージですが、絶対にNGです。参加する大会の3週間前からは徐々にトレーニングの量を減らしましょう!直前まで長距離を走って調整してしまうと、脚に蓄積した疲労が抜けず、レース中に故障するということも。

具体的には、3週間前には長くて20kmぐらいのトレーニングにしておいて、2週間前はその半分の10km、1週間前には5kmと、距離を半分ずつにしていくとOK。

ちなみに、レース直前に脚をマッサージしてもらうのもNG!筋肉が少し張っているぐらいが走りやすいです。そして、本当にケアすべきは、実は“背中”。整体などで背中の筋肉をほぐしておくと、肺周辺の筋肉の緊張がとれて、レースでの呼吸も自然と楽になって、走りやすくなります。

最後のポイントは食事!炭水化物は抜かない!

imasia_6093693_M

今、糖質制限ダイエットが流行っていますが、走る上で糖質は必要不可欠。糖質をとらないと、いわゆる活動をするためのエネルギーが蓄えられず、トレーニングはもちろん、次の日の仕事にまで影響し、アタマが一切働かない、力が出ないという事態に・・・

たしかに糖質を過剰に摂取した場合は、いわゆる体脂肪としてカラダに貯蔵されてしまいますが、消費されやすいという特徴があります。またトレーニング直後に糖質を摂取すると、筋肉のコンディションをすぐに戻してくれるので、走った直後は必ず摂取することがベストです。

【まとめ】
1. フルの半分、21kmを走りきれる脚力があればOK!!
2. レース前は絶対に脚に疲れを残さない!!
3. 最後のポイントは食事!炭水化物は抜かない!