一人暮らしのホームシックを克服するために、あなたが手軽にできる8つのこと

一人暮らしをする多くの人が経験するもの。それは、ホームシックです。

「新生活で一人暮らしを始めたばかりで、地元の友人や家族が恋しい……」という気持ちになったことがある方が多いのではないでしょうか。

こうした気持ちを抱えた状態では、仕事も私生活も思うようにいきません。今回は、ホームシックを感じてしまう主なシチュエーション2つに分けて、それぞれの状況に応じたホームシック克服法を紹介します。

新生活に慣れずに、ホームシックになってしまった人向け

まずは、転勤や転職を機に環境が大きく変わってホームシックになったケースです。仕事とプライベートの両方で環境が変わると、ストレスが溜まってしまうもの。新しい環境を楽しく過ごすためにも、ぜひとも克服したいホームシック。ここでは、新生活を始めたばかりでホームシックになってしまった人向けの克服法を紹介します。

728shutterstock_144903391

あの母の味をもう一度。手料理を再現して地元を思いだそう!

728shutterstock_348213854

最初に紹介するのは、母親に好きだった手料理のレシピを教えてもらい、それを再現してみるというもの。慣れ親しんだ家庭の味に触れることで、離れて暮らす家族を身近に感じ、きっと気持ちが落ち着くはずです。

さらに、料理する機会を作ることで健康的な食生活が送れるようになる効果も期待できます。普段は照れ臭さくて親に連絡できずにいる人にとっては、連絡を取る良いきっかけにもなるので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

インテリアにこだわり、自分だけの落ち着ける空間を作ってみよう!

728shutterstock_102801167

続いてはこちら!インテリアにこだわって、自分の部屋を居心地良くしてみませんか。毎日生活を送る自室を居心地の良い空間にすることで、安心感が生まれ、ホームシックが軽減されることでしょう。部屋全体を自分の好みに作り上げるのは、一人暮らしだからこそできること。インテリアのテイストを変えるだけで、部屋の雰囲気は大きく変化し、気分転換にももなります。

柔らかい雰囲気で気持ちが安らぐウッド調や、シンプルでスタイリッシュなモノトーン調のインテリアなど、あなたの性格や好みにあったスタイルを選び、自分だけのお気に入りの空間を完成させましょう!

ワンランク上の大人に!行きつけの店を作って自分の居場所を作る

728shutterstock_407607205

続いて紹介するのは、行きつけの店を作るというもの。見知らぬ土地で、家族や親しい友人と離れて暮らすと寂しさが募ります。カフェでも居酒屋でも構いません。自分の雰囲気にあったお店を見つけると、そこが心の拠り所になるのです。

お店に通ううちに、店員さんや常連さんと顔見知りになることもあるでしょう。彼らはきっと、普段の生活では得られないような貴重な話や体験を皆さんに与えてくれます。ホームシックになったことを上手く利用して行きつけのお店を見つけ、行きつけのお店がいくつもある、ワンランク上のビジネスマンになってみてください。

人見知りで友達がなかなかできない人におすすめ!ネットの世界で友達を作ってみよう!

shutterstock_558070066

「仲良く過ごせる友人が欲しいけど、人見知りでなかなかできない」という方は、ネットの世界で友人を作るのがおすすめです。

悩みを相談したり、他愛もない話をしたりする友人は、現実世界で作らなければならない決まりはありません。ネット上であれば、無理に顔を合わせる必要がないので、気楽に会話を楽しめます。悩みや不安を話せる相手ができるだけで、ものすごく気持ちが楽になるはず。

またネット上には、似た境遇や趣味の人たちが集まって交流を楽しむ場所があります。自分と同じような境遇にある人と交流を深めたり、同じ趣味を持った人たちと楽しい話に花を咲かせたりしてみてはいかがでしょうか。

自分の気持ちを見つめ直してスッキリ!家族や友人に手紙を書くすすめ

てがみ

メールや電話も良いけれど、手紙を書くというアナログな選択もアリ。書くという作業は、自分の考えを整理するきっかけになるからです。

電話での口頭上の会話やメールでの簡略化されたやりとりでは、思ったことをそのまま表現する場合が多いもの。ですが手紙は、文章を何度も読み直し、推敲を重ねる作業を行います。その過程で、自分の考えを整理し、心の中にあるモヤモヤを減らすことができるのです。

また、手紙には、手書きならではのぬくもりという良さも。最近では手紙をもらう機会がめっきり減っているので、手紙を受け取る家族や友人もきっと喜んでくれるはずです。手紙をきっかけに、家族や友人と会うことになることもあるかもしれません。

何もすることがない一人の時間にホームシックになってしまう人向けの克服法

一人暮らし生活には十分慣れているはずなのに、一人で暇を持て余すと襲ってくるホームシック。そういう場合は、何か新しいものに取り組んでみることがおすすめです。

728shutterstock_392527858

何かに熱中する「オタク」になって、寂しさをふっ飛ばせ!

728shutterstock_529874515

最初に紹介するのは、何かに熱中する「オタク」になるという方法です。何もすることがなくてホームシックになっているのなら、時間を忘れてしまうほどにのめり込む何かを見つければいい。至ってシンプルな方法です。

そうは言うものの、「何に熱中したらいいのか、分からない」という方が多いでしょう。ですが、難しく考えることはありません。自分がちょっとでも興味があることについて、アクティブに行動を起こしてみるのです。そうすると、今までの自分の活動範囲では分からなかった楽しさに気づける瞬間が来るはずです。

アーティストやアイドルのおっかけになるのもよし。スポーツ観戦にのめり込むのもよし。大好きなゲームを徹底的に極めて、世界一を目指してみるのもありかもしれません。自分が熱中できるものに気づけたときには、既にホームシックのことはすっかり忘れてしまっていることでしょう。

会話が広がるきっかけになるかも!?没頭できる趣味を作ろう!

728shutterstock_539735062

夢中になれる趣味をつくってみるのはいかがでしょうか。趣味に没頭する時間は、寂しい日常をきっと忘れさせてくれるはずです。

ものづくりが好きな人は、キーケースや財布など、小物作りをしてみるのもよし。身体を動かしたい人は、サイクリングをしてみるのもよし。趣味を通して誰かと知り合い、会話のきっかけになる可能性もあるかもしれません。

5千円程度で手軽に購入できるスターターキットもありますので、まずはそちらから試してみてはいかがでしょうか。

フォロワーからの反応でやる気もアップ!料理インスタグラマーになる

728shutterstock_209386036

最後に紹介するのは、Instagramに手料理写真をアップロードする、料理インスタグラマーになるというものです。料理スキルの向上はもちろんですが、コメント欄を利用したフォロワーとのやり取りも楽しみの1つになるはず。

一人暮らしだと、せっかく頑張って料理を作っても誰からの反応もないと、なかなか長続きしません。インスタグラムにアップすることで、フォロワーからのリアルタイムな反応を得ることができ、作りがいがあります。

また、料理インスタグラムの世界は奥が深く、様々なテクニックが存在するもの。同じ料理の写真でも、写真のアングルや加工に使用するアプリ次第で、見栄えが全く異なってきます。どうすればより魅力的な料理に見えるか、そういった工夫を凝らすことも醍醐味です。

勇気さえあれば、記事の冒頭で紹介した「母親の手料理を再現する」方法と組み合わせて、「俺のおかんの手料理インスタグラマー」になってもいいかもしれません。

大切なのは行動すること。ホームシックを克服して、楽しい“一人暮らしライフ”を送ろう!

728shutterstock_449169445

新しい環境に移ったばかりのときになってしまうホームシック。克服するためには、新しい環境で楽しみを見つけることが大切なのです。

今回紹介したものの中で、何か少しでも面白そうだと感じたことがあれば、思い切って取り組んでみましょう。寂しさと自由が隣り合う一人暮らし。寂しさを乗り越えた先には、自由が待っています。ホームシックを克服し、自由を謳歌しましょう!