モテる男は聞き上手?相手の本音を引き出せるようになる方法

阿川佐和子さんの著書がミリオンセラーを記録するなど、近年さらに注目を集めている「聞く力」。“デキる営業マンは聞き上手だ”ということはよく耳にしますね。今回はそんな人の本音を引き出せるようになる方法をご紹介します!

人の本音を引き出す方法

人の「本音」とはなんでしょう?普段は「実は、本音を言うと…」など率直な気持ちを表す言葉として使われることが多いと思います。ちなみに大辞林を引いて調べると「①本心から出た言葉、②本当の音色」という意が出てきます。

PAK86_naninanisore20140321500-thumb-1050x700-4898

ですが、プロのインタビュアーにこの「本音」について質問してみると、インタビューにおける本音とは「発言の奥にある考えや想い・感情のこと」をいうのだそうです。この、人の本音を聞く方法は大きく分けて3つあります。

 

①信頼関係を築く

BL001-nankainiikimasuka20140810500-thumb-1200x800-5451

真剣に相手の話を聞くこと。そのためには、相手以上に相手を知る勢いで下調べを行い、話し手が話したいこと、かつ自分が話したいことの領域で質問を考えましょう。

 

②感情を聞く

AL001-1uchiawasecyuu20140830500-thumb-1200x800-5295

聞き手が感情を聞き、話し手が感情を話すのはダイレクトなコミュニケーションです。「そのときどんな気持ちでしたか?」などと感情を突破口に質問されると、つい本音を話してしまいやすくなります。

 

③話し手の欲求の蛇口を開く

AL1023majigao20140830131905500-thumb-1297x800-5376

聞くということは、人の話したいという欲求の「蛇口」を探していく行為です。相手がいま最も話したいことは何かということを、相手の価値観レベルまでもぐり想像してみましょう。

まとめ

相手が何を話したいのかを見極めるためには
 

①下調べで想像しておく

②相手の話に真剣に集中する

③声の温度・目力が強い話題にフォーカスする

 
ことが必要です。今回紹介した本音の引き出し方、ぜひ実践してみてください!