【五島夕夏 連載】軽井沢で日帰りベーカリーめぐり!パンから学ぶデザイン学(後編)

こんにちは、五島夕夏です!この連載では、1日あれば気軽にお出かけできるオススメスポットを巡りながら、ちょっとためになる「へえ〜!」な情報をお届けしています。

今回は「軽井沢ベーカリーめぐり」の後編を公開!前編をまだ見ていないというかたは、ぜひチェックしてみてくださいね!

※前編を読む

三日月形には理由があった

五島夕夏5

少し歩き疲れたので、そろそろ休憩したいな。山を降りたところに良い香りのするベーカリーを発見したので、3つ目のパンをいただくことにします。

クロワッサン

選んだのは、アーモンドクリームが練り込まれたクロワッサン。キツネ色の焼き目と香ばしい匂いに、なんとも食欲がそそられます。

いただいてみたところ、生地に混ぜ込まれたバターとクリームが口の中でとろけて、思わずため息がでてしまいました。温かい紅茶との相性もバツグン!

外で座って食べれば、もうこれは幸せそのもの……。ぼーっとしていると服がパンの粉だらけになるので、それだけ要注意です。

五島夕夏6

クロワッサンといえば、パンの王様とも言える超有名な存在。フランス発祥で、可愛らしい三日月形が特徴ですね。生地にバターをはさんで伸ばす工程を繰り返し、最後に縦長の三角形になった生地をくるくる丸めることで、三日月のような形ができあがります。

ここまではよく知られている情報ですが、実は三日月形のクロワッサンは安価品の印だということ、皆さん知っていましたか!?

本場フランスでは、菱形のクロワッサンに使用されているのはバター、三日月形のクロワッサンに使用されているのはマーガリン、という区別がされているそうです。当然、バターを使用している方が高級品ということになります。

……な、なんてこった〜!クロワッサンといえば三角形、という固定概念が壊れてしまいました。なんなら菱形のクロワッサンとか初めて知ったよ。単純にカワイイから三日月形になったわけじゃ無かったんですね。

どちらにしろクロワッサンが美味しいことに間違いはないので、私はこれからも三日月クロワッサンを愛し続けていこうと思います。

軽井沢3

大きな大きな山を眺めながら、駅の方へ戻ります。軽井沢の良いところは、移動が主役になることですね。

目的地に向けて動くとき、移動というのはオマケになりがちです。しかし、自分のペースで歩けて爽やかな風が吹き抜ける移動中こそ、軽井沢の魅力を最大に感じることができると思います。

手でつかむのが一番おいしい

軽井沢4

最後に立ち寄ったのは、軽井沢駅すぐ目の前にあるショッピング施設。中心が大きな公園のようになっているので、買い物をしながらも自然を感じることができる、お子様連れにも嬉しいスポットです。

4つ目のパンは、こちらの施設内のベーカリーでいただきます。締めになるので、ちゃんと腹持ちが良いパンが食べたいな!これだけ食べておいて腹持ちっていうのも変な話ですが。

BLT

ラストを飾るのは、アボカドやベーコンをはさんだサンドウィッチです。色とりどりの新鮮な野菜が写真に映えますね。

ずっとパンだけ食べていたので、お肉や野菜が食べたかったのだ。いっただーきまーす!

五島夕夏7

もぐもぐもぐ。

うわー!これもまた美味でござる。もちっとしたゴマ入りのバケットに、ベーコンの肉汁がよく染みている。シャキシャキのレタスやトマトがみずみずしくて、お腹がしっかり満たされます。

サンドウィッチはイギリス発祥の、その名の通りパンに具材をはさんだ食べ物。食器を必要とせず手でつかんで気軽に食べられることで、イギリスでは当時から大変重宝されていたそうです。その知名度は日本にもしっかり広まっており、今やコンビニの定番商品でもありますね。

しかーし!日本にサンドウィッチが上陸したばかりのころは、レストランでなければ食べられないほどの高級洋食品だったんですって。

片手で手軽に食べやすいのが最大の特徴であるサンドウィッチを、レストランで食する。いやいや、本末転倒とはまさにこのこと!お皿にきちんと並べられたサンドウィッチとナイフやフォークを想像すると、なかなかシュールな光景です。

その後、駅弁として販売されたサンドウィッチが一大ブームとなり、現代の身近な存在へと姿を変えていったと言われています。今ではお手頃価格が当たり前ですものね。

みんなちがって、みんないい

今回のパン食べ歩きで気づかされたのは、形や大きさ、デザインには全てに意味があるということ。

カレーをこぼさないように包み込むカレーパン、冬でも色鮮やかなブルーベリーパイ、材料を形で判別するクロワッサン、お皿に並べたら意味が無くなるサンドウィッチ……。

発祥国も生まれた年もバラバラだけれど、それぞれに歴史があるんですね。普段なんとなく口にしていたパンたちですが、少しだけ深掘ると今に至る理由が見えてくる、そんな1日となりました。

ああ〜……仕事を忘れるために出かけたのに、結局いろいろと考え込んでしまったよ!でも、リフレッシュできたことに違いはありません。楽しい上に発見もある、一石二鳥の旅でした。

自然もパンも欲張りに満喫できる軽井沢、全力でオススメいたします。ありがとう軽井沢〜!

五島夕夏8

ただいま帰ってきました、東京。1日全力で遊んだので、明日からまたお仕事がんばろうと思います。

ただひとつだけ怖いのは、今日だけで何キロ太ったんだろうか……。

(おわり)

※前編はこちら