趣味のない人必見!ひとりで暇な平日夜の有意義な過ごし方12選

「仕事が終わって家に帰っても、やることがない」
今、このような悩みを抱える社会人が増えてきています。

何かしたいと思っていても、趣味といえるものがない。友達を誘いたいけど、向こうも仕事があるからなかなか時間が合わない。ただ何となくスマホをいじっていたら1日が終わってしまい、「もったいないことをした」と感じた経験がある人は多いのではないでしょうか。ダラダラする時間も時には大切ですが、限られた時間を有効に活用する術は身につけておきたいものです。

そこで今回は、1人でいるときの、平日な夜の有意義な過ごし方を紹介します。
目的別に紹介しているので、皆さんの目的に合った過ごし方を見つけてみてください。

今日の疲れは今日のうちにリフレッシュ!疲れを取るための過ごし方

まずは、仕事で溜まった疲れを取るための過ごし方を紹介します。
リフレッシュを効果的に行うことによって、毎日健康に過ごせるようにしましょう。

マッサージ

マッサージ
疲れをほぐすという言葉を聞いて、最初に思い浮かべるのは「マッサージ」です。
身体の疲れを直接的にほぐしてもらうことができるので、すぐに効果を感じることができます。

マッサージは整体、鍼灸、按摩(あんま)…など種類がたくさんあり、それぞれの種類によって得られる効果もさまざま。
目的に応じて、自分に合ったマッサージを見つけてみましょう。

銭湯

銭湯
続いて紹介するのは、日本の良きお風呂の文化「銭湯」です。
銭湯にゆっくりつかることで、身体が温まり、日頃の疲れを洗い流してくれることでしょう。

また、銭湯から上がった後に飲む牛乳は格別。
ちょっと疲れを癒したいという方は、家の近くにある銭湯に行ってみてはいかがでしょうか。

瞑想

瞑想
最後に紹介するのは「瞑想」です。
瞑想とは思考を無の状態にすることを指します。

思考を無の状態にすると、余計な考えが消えてすっきりした気持ちに。
先日、通算最多安打記録を更新したイチロー選手など、世界のトップアスリートの多くが習慣にしているようです。
疲れを取るためには身体だけでなく、精神もリラックスさせることが重要。
自宅で気軽にできるので、一度やってみてはいかがでしょうか。

「ちりつも作戦」で圧倒的成長を実現!すきま時間を勉強にあてる過ごし方

仕事において自分を成長させるために時間を使う方法を紹介します。
わずかな時間でも、毎日継続させれば他の社員と大きな差をつけられること、間違いなしです。

資格

資格
「資格」の勉強をするというのが一つの方法。
自分の今後のキャリアを考えて、そのために必要な勉強をすることは大切です。

資格勉強は、「資格を取る」という明確な目標なゴールがあるので、勉強がはかどりやすいのが特徴。
ただでさえ勉強にあてる時間の少ないサラリーマンが資格を取得するためには、すきま時間を有効活用する必要があります。
毎日の積み重ねが大切なので、将来のために資格を取りたいと考えている人は、今から少しずつ始めてみてもいいかもしれません。

セミナー

セミナー
自分が学びたい分野の「セミナー」に参加するという方法もあります。
家でひとりで勉強しているときと異なり、分からないことがあったらその場で専門家に聞いて解決することができるのが良いところ。

セミナーに参加している人達の横のつながりを作れば、同じ勉強をする仲間も見つけることができるのです。
仲間を見つければ、勉強のモチベーションを上げることができます。
セミナーは有料のものと無料のものがそれぞれたくさんあるので、無料のものから参加してみるのがいいかもしれません。

英語

英語
最後に紹介するのは「英語」学習です。
仕事で英語を使う機会がない人にとっては、「英語って本当に勉強する意味あるの?」と思うかもしれません。

しかし、情報を集めるという観点から、世界の最新情報を手に入れることができる英語を覚えておくことは決して損にはなりません。
今はお金を払わなくても、インターネット上で学べるコンテンツはたくさんあります。
自分の興味に合わせたコンテンツを使って、楽しく学習してみてはいかがでしょうか。

溜まったストレスを一気に解消!身体を動かす過ごし方

次に、身体を動かす過ごし方を紹介します。
次の日に響かない程度に身体を動かし、日頃仕事で溜まったストレスを解消しましょう。

ランニング

shutterstock_161460491
“身体を動かす”という言葉からまず連想されるのは「ランニング」です。
無心で走って汗をながすことで、日頃のストレスを汗とともに流すことができます。

運動が苦手な人でも、1人なら自分のペースで身体を動かすことができるので安心。
毎日少しずつ距離を伸ばしていくことで、自分の成長も感じることができるでしょう。
“走る”という行為を通じて、心身ともに健康な身体作りをしてみてもいいかもしれません。

筋トレ

筋トレ
続いて紹介するのは、「筋トレ」です。
筋トレには、自宅でやる方法とジムに行ってやる方法の2通りあります。

ちょっと身体を鍛えたいくらいの気持ちの人は自宅での筋トレで十分。
肉体を根本的に変えたいと思っている人は、施設の整ったジムに行ってトレーニングをすることをおすすめします。
筋肉をつけることは、ケガをしにくい丈夫な身体を作るためにも重要なことなので、積極的に実践していきましょう。

水泳

水泳
最後に紹介するのは「水泳」です。
水泳は全身を使う運動なので、ダイエット効果が非常に高いのが特徴。

ジョギングなどは、膝に負担がかかるので痛めている人にはできません。
しかし水泳ならば、関節に負荷をかけることなくカロリーを消費できるのです。
気分転換にもなるので、是非一度行ってみてください。

喜怒哀楽を感じたいあなたに!こころを動かす過ごし方

次は、「笑う」「泣く」といった、感情を動かす目的の過ごし方を紹介します。
自分の感情を表に出すことによって、気持ちを整理し、さっぱりした気持ちで明日を迎えられるようにしましょう。

音楽鑑賞

音楽鑑賞
まず紹介するのは「音楽鑑賞」です。
自分のお気に入りのアーティストの曲を聴くことによって、癒されたり、元気づけられたりします。

普段何気なく聴いている曲の歌詞に注目してみると、「こんないいこと言ってるんだ」という発見もあるかもしれません。
また、時間があるときには“普段は聴かないジャンルの音楽を聴く”こともおすすめです。
いつもと違う刺激を与えることで、気持ちをリフレッシュさせてみてはいかがでしょうか。

映画鑑賞

映画鑑賞
続いて紹介するのは「映画鑑賞」
映画が作り出す世界観に浸ることによって、非日常を経験することができます。

家でDVDを借りてもいいのですが、迫力があるスクリーンで雰囲気もある映画館に行くことをおすすめします。
普段は友達や恋人としか映画に行かないという人も、一人で行ってみると、映画の内容について自分で考える時間が多くなるので面白いもの。
時間が遅い時間に上映される“レイトショー”は通常よりも安く観ることができるので、是非活用してみてください。

読書

読書
最後に紹介するのは「読書」です。
読書は小説・エッセイ・実用書など、さまざまなジャンルがあるのが特徴。

その中でも、平日夜に読むのをおすすめしたいのが“小説”です。
小説を読んでいくと、自分にはない価値観を持った人がたくさん出てくるため、「こういう考え方もあるのか」という学びを得ることができます。
人間関係で悩みを持っている人は、是非いろいろな小説を読んでみてください。

自分の目的に応じて、暇な“平日夜”の時間を有意義に過ごそう!

平日夜に暇な時間があるという人に向けて、目的に応じてどのような過ごし方があるのかを紹介してきました。

「どのように過ごしたいか」という目的を明確にすることによって、有意義に時間を使うことができるようになるのです。
時間を有意義に使うことができれば、1日の終わりに「よし、明日も頑張ろう」と、仕事に対しても前向きになれるもの。
皆さんも、自分に合った平日夜の過ごし方を見つけてみてください。