【凝りすぎて見づらくなってない?】これがフォントの正しい選び方だ!

凝りすぎて見づらくなってに?

資料作成ウェブデザインなどでフォントを選ぶ機会は多いですよね。ただ、書式を変更しようと思った時、フォントの使い分けや、「太字」「斜体」の使いどころがいまいちわからないという方もいるのではないでしょうか。

今回は、フォントの適切な選び方・サイズ・スタイル・行間の設定の方法をお伝えします。これを実践すれば、「◯◯さんの資料は読みやすいですね!」と言われることうけあいです。

書体は大きく4つに分けられる

数多くある書体は、実はざっくりと分けると、日本語フォントに2種類、欧文フォントに2種類の計4種類に分類されます。

それぞれの特徴をまとめてみます。

ビジネスシーンで失敗しないフォント 明朝体

mincho

横線に対して、縦線が太く、曲がりの部分などに三角形のウロコと呼ばれるものが付いています。

堅実・信頼感・落ち着きのあるイメージが感じられるフォントです。

カジュアルにまとめるには ゴシック体

gosiku

線の太さが縦・横でほとんど同じで、ウロコもほぼほぼない書体がゴシック体です。

線の太さやウロコなどの変化がないため、単調な印象を与えます。親しみやすさ・カジュアル・元気さなどのイメージが感じられるフォントです。

堅い印象を与える セリフ

serif

縦線が太く、ウロコのあるアルファベットがこのセリフ書体です。代表的なフォントには「Times New Roman」などがあります。

明朝体と同様に、堅いイメージを読み手に持たせる書体です。

見出しなど目立つアルファベットはこれ!サンセリフ

sansseri

サンセリフ書体は、日本語フォントのゴシック体と同じように、均一な太さの線で描かれた書体で、ウロコがありません。

やわらかく、馴染みやすいフォントということができます。

MS・ヒラギノ…etc イメージにぴったり合う書体の選び方

大きく4つに書体が分けられることは理解できたでしょうか?次は、明朝・ゴシック・セリフ・サンセリフといってもMS・ヒラギノ…etcなど種類がたくさんある中、どの書体を使えばよいかを考えていきましょう。

とがり・まるみ

とがり・まるみ

尖っているところが多いほどイメージは堅くなります。逆に丸みの多いフォントは柔らかな印象を与えます。

例えばゴシック体の中でも丸みの強い書体であれば、かなり砕けた印象を与えることになります。報告書や研究レポートなどには不適当でしょう。

ウェイト

ウェイト

ウェイトとは、簡単にいってしまうと文字の線の太さのことです。1つの書体でも大抵は複数のウェイトを持っています。

細ければ細いほど女性的・繊細などというイメージを与えます。逆に太いほど男性的・おおざっぱで力強い印象を与えます。

短文・長文どちらで使うか

タイトル・本文

短文で使う場合、じっくり読ませるのではなく、一目で何が書いてあるか分かるということに重点が置かれます。

そうしたタイトルや見出しのような短い文ではゴシック体・サンセリフ体を使うと良いでしょう。

一方、本文に何十行も長文を書くような場合はゴシック体・サンセリフ体は不適当です。文字の太さが均一なため、変化がなくのっぺりとしていて、読むのに体力を使ってしまいます。

本文には明朝体・セリフ体でなるべく細いフォントを使うようにしましょう。太い明朝体やセリフ体では、画面(または紙面)が黒で埋め尽くされるように感じとられるので、目が疲れてしまうのです。

サイズ・スタイル・行間でさらに読みやすい資料を目指す

太字(ボールド)の使い方

ボールド

太字は、文章を一目見ただけで目立つため、強調したいことがある場合、非常に便利です。

しかし、すべてのフォントが太字に対応しているわけではないことに注意する必要があります。

もし太字対応していないフォントの場合は、太い別のフォントで代用するか、ウェイトを変えたフォントを使うようにしましょう。

斜体(イタリック)の使い方

イタリック

日本語フォントのイタリック体は、そもそも使いどころがあまりないです。タイトルなどに使っても良いのですが、デザイナーの目線からは「ダサい」と思われることが多いのです。

本文に関しては使う必要が全くありません。読みにくいだけになってしまいます。日本語で使う場合は、「スピード感をだす」あるいは「デザインの一部(絵のようなもの)として扱う」しかありません。

欧文フォントの場合は、通例として使うことが多いのですが、ここでもイタリック体に対応していないフォントがあるので注意しましょう。

字間の整え方

字間

文字同士がくっつきすぎても、離れすぎても読みづらい文になってしまいます。よって、丁度いい字間に調整する必要があります。

目立たせたいからといって、文字を大きくするだけだと、読みづらいまま。これではせっかく目立たせた文も台無しになってしまいます。

行間の整え方

行間

行間の理想は0.7文字(フォントサイズの70%)分だとよく言われています。

行間の幅を変えるだけでかなり読みやすさは変化します。行が密着していると、どうしても文字が集まっているので、読んでいると目に疲労がたまりやすいのです。

まとめ

フォントについてこだわったことがなかった方、なんとなく見やすそうだったり、かっこいいという理由から選んでいた方は、これを機にもっと文字にこだわってみましょう。

文章が見やすくなると、自然と人は本文をしっかり読むものです。提案資料を見やすくスタイリッシュにして、提案力UPを図りましょう!

また資料作成時の参考記事としてコチラもあわせて御覧ください!
資料作成スキル向上!プロの表現テクが学べるスライドシェア15選