“疲れスパイラル”を脱却せよ!短時間でグーンと疲れを取るグッズ5選

疲れが取れない」
これは、ビジネスマンにとって宿命とも言うべき悩みです。

疲れが取れない→仕事の効率が下がる→仕事が終わらない→睡眠時間が減る→疲れが取れない…
こうした「疲れスパイラル」に陥る前に、出来る限りの対策はしておきたいところ。

今回は、短時間でグーンと疲れを取るおすすめグッズを紹介します。仕事の疲れが取れず途方に暮れている方は、ぜひ試してみてください。

ストレッチ素材で快適な仮眠を実現!「ホールピロー(MOGU)」

Momoko.uさん(@dye83)が投稿した写真

疲れを短時間で取るために有効な手段として、近年「仮眠」の効果が医学的にも証明されるようになってきました。

仮眠をするにあたって重要なのは、どれだけ質の良い睡眠をするかどうか。
疲れを取る仮眠をするときになくてはならないのが「マクラ」です。そこでおすすめなのが、MOGUが出している「ホールピロー」。よく伸びるストレッチ素材が使われているので、頭を置いたときの心地よさは抜群です。

すぐにあなたを快適な睡眠へといざない、短時間の睡眠でもすっきりリフレッシュすることができるでしょう。仮眠をすることが認められている企業で働く人は、ぜひオフィスに置いてみてはいかがでしょうか。

貼るだけで辛い腰の痛みをじんわり和らげる!「蒸気の温熱シート(めぐりズム)」


デスクに座っている時間が長い人がなりやすいもの、それは「腰痛」です。

腰は漢字の示すがごとく「身体の要」
一度痛めてしまうと、何をするにしても効率が落ちてしまうので、腰痛対策は特にしっかりとしておく必要があります。

辛い腰の痛みを取り除いてくれるグッズでおすすめなのは、ホットアイマスクで有名なめぐりズムが出している「蒸気の温熱シート」。このシートは、蒸気の熱で腰付近を流れる血の巡りをよくし、中からこりをほぐしてくれるのです。貼った瞬間から、心地よい温かさが腰を包み込んでくれます。

すぐに効果を実感できるだけでなく、持続時間も5~8時間と長いので、腰痛で悩んでいる人は、毎日このシートを貼って仕事をすることをおすすめします。

目の疲れにはズバリこの目薬!「サンテメディカル10(参天製薬)」

Kanako Kさん(@kanarism_msc)が投稿した写真


パソコンを長時間見る人にとっての共通の悩みは、「目の疲れ」です。

インターネットが発達した現代において、この悩みは避けて通れないものになっています。目の疲れを取るためには「目薬」がいいと言われていますが、たくさん種類があるので、どれを選んでいいか分からない人が多いのではないでしょうか。

目の疲労回復に効く成分が多く含まれている目薬として高い評価を得ているのは、参天製薬から出ている「サンテメディカル10」です。この商品の特徴は、目の疲れに効く「ビタミンB12」と「ネオスチグミンメチル硫酸塩」が含まれていること。眼精疲労を和らげ、眼のピント調節機能を回復させるのに役立ちます。

目薬は、時間をかけることなく疲れをとる有効手段なので、意識的に使うようにしていきましょう。

精神的な疲れを癒してくれる!「エッセンシャルオイル ラベンダー(GAIA NP)」

精神的な疲れをリフレッシュするために使える「アロマ」の紹介をします。

香りの良さで幅広い支持を得ているのは、GAIA NPの「エッセンシャルオイル オレンジ・スイート」です。ラベンダーのさわやかで甘い香りが部屋に漂い、あなたの疲れを癒してくれるでしょう。部屋でアロマを炊いてもよし、入浴時に使ってもよし。さまざまなシーンで活用することができる上に、数適垂らすだけという手軽さで、効果を出すことができます。

疲れがひどくてリフレッシュしたい人は、気分転換にアロマを炊いてみてはいかがでしょうか。

眠りの質を上げてくれる魔法の入浴剤!「バスソルト グーテナハト ホップ&バレリアンの香り(クナイプ)」

minekoさん(@mattari_mineko)が投稿した写真


最後に紹介するのは、クナイプが出している「バスソルト グーテナハト ホップ&バレリアンの香り」。これは何かというと、「入浴剤」です。

入浴は、1日の疲れを取るために最も大切な時間。この入浴剤を使ってお風呂に浸かると、リフレッシュ効果だけでなく、なんと安眠効果もあるのです。不眠で悩んでいる人からも、「この入浴剤を使ったときにはよく眠れる」と、太鼓判を押す人が続出。時間を新たに消費することなく、入浴時に使うだけで疲れを取ることができるこの商品は、「究極の癒しグッズ」と言うことができるのではないでしょうか。

余分な手間も一切不要。入浴前に入れるだけなので、何かを継続することが苦手な人も是非試してみてください。

「短時間かつ手軽に」疲れを取れるグッズを使って、「疲れフリー」な生活を!

疲れを取る手段やグッズは世の中にたくさん溢れています。その中でも、忙しいビジネスマンにとって本当に必要なのは、「短時間かつ手軽に」疲れを取ることができるものなのではないでしょうか。

今回紹介したグッズは、余計な時間を使わずに、そして短時間で疲れが取れるものばかり。仕事の疲れが取れずに悩んでいる人は、ぜひこれらのグッズを使って「疲れスパイラル」を抜け出し、「疲れフリー」な生活を実現させてください。