ミドリムシが世界を救う!?株式会社ユーグレナ代表取締役社長 出雲 充 インタビュー

株式会社ユーグレナ代表取締役社長出雲充
1980年広島県生まれ、東京・多摩ニュータウン育ち。1998年に東京大学に入学。学外活動としてバングラデシュを訪れ、グラミン銀行でインターンを経験。農学部に転部し、「ユーグレナ(和名:ミドリムシ)を知る。2002年に東京三菱銀行に入行。2005年8月に株式会社ユーグレナ設立。同年12月に世界初のミドリムシの屋外培養に成功。2012年にJapan Venture Awards「経済産業大臣賞」を受賞し、世界経済フォーラムの「ヤング・グローバル・リーダーズ」に選出される。

食料問題、地球温暖化、エネルギー問題を「ミドリムシ」が救う!?

「ミドリムシ」入りの食品をご存知だろうか? 最近ネットなどで広告を頻繁に見かけるようになり、気になった人も多いことだろう。もしかしたら青虫のような生物を思い浮かべる人もいるかもしれないが、それは間違い。私たちが子どもの頃、理科の時間に顕微鏡で見た緑色の藻の一種のことであり、和名を「ミドリムシ」、学名を「ユーグレナ」という。私たちの身の回りのどこにでも生息しているものの、体長約0.05mmという肉眼で確認できない大きさのため、一般的にはあまり語られることのない生き物だ。

この「ユーグレナ」を社名として2005年に創業し、2012年12月に東証マザーズに上場を果たしたことで注目を集めているのが株式会社ユーグレナだ。代表の出雲充氏の著書『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』(ダイヤモンド社)には、ミドリムシとの出会いから経営を軌道に乗せるまでの様々なドラマを通して、「ミドリムシ」に賭けた出雲氏の情熱がつづられている。ミドリムシが世界を、地球を救う? ぴんとこない人もいるかもしれない。しかし、この生物について知れば知るほど、無尽蔵の可能性が秘められていることが理解できてくるはずだ。

ミドリムシは5億年以上前、原始の地球で誕生した。植物と動物の間の生物であるため、両方の栄養素を持ち、その数なんと59種類。ビタミン14種・ミネラル9種・アミノ酸18種というバランスのよさで、魚の持つDHAやEPAなども含まれている。野菜では「細胞壁」がじゃまをして効率よく栄養素を消化できないが、石垣産ユーグレナは細胞壁を持っていないため、消化率は93.1%だという。さっそくユーグレナが発売する「ユーグレナ・ファームの緑汁」を飲んでみた。うっすらと野菜のような味がするものの、苦味もクセもない。これなら野菜が嫌いな子どもでも飲めそうだ。自然の恵みをたっぷり吸収した気分になり、心なしか翌朝の寝覚めもよく感じられた。これは飲み続けてみる価値がありそうだ。

健康食材として優れ、食料問題を解決するポテンシャルを秘めているだけでなく、二酸化炭素を取り入れるためミドリムシは地球温暖化の面でも救世主となりうる。さらにミドリムシが体内に蓄えた油を精製すれば、ロケットやジェット機のバイオ燃料になり、エネルギー問題も解決に導けるという。こんな身近なところに世界を救えるものがあったとは、まさに目からウロコの思い。代表の出雲氏にミドリムシとの出会いを伺った。

「ほとんどの人が小学校のときにミドリムシと出会っているはずです。だから私は大学で“再会”したわけです。ミジンコやゾウリムシと同じように見ていたミドリムシに地球を救うほどの力が秘められていることを知って率直に驚愕しましたよね。教科書にはまったく書いてありませんでしたから。でも、その直後に『これは、救世主だ』とぴんと来ました。これこそ私がずっと探していた“仙豆”の替わりになるものだと確信に近いものがあったんです」

“仙豆”とは、鳥山明の国民的コミック『ドラゴンボール』に登場する魔法の食べ物のこと。1粒で10日間は飢えがしのげ、一瞬で怪我も体力も回復する。出雲氏が“仙豆”を探すようになった原点には、18歳の頃に見たバングラデシュの現実があった。バングラデシュには小麦も米もちゃんとある。しかし、子どもたちはたんぱく質やミネラル・ビタミンが足りず栄養失調になっていたのだ。この問題を解決したいと考えた若き日の出雲氏は、栄養素が詰まった“仙豆”のような食材を見つけるため、東大文三から東大農学部へと理転するのだ。

「とにかく人を驚かせてわくわくするようなものを見つけて、時間を忘れて打ち込みたかったんです。それが私の場合は、ミドリムシでした。もしミドリムシと出会ってなかったら、今ごろ『倍返し』とやっていたかもしれません」

 というのも、出雲氏は大学卒業後、東京三菱銀行(現・東京三菱UFJ銀行)に就職。ミドリムシの研究資金を集めるにも会社を設立するにもお金が必要となるため、ビジネスにおけるお金の動き方を銀行勤務を通して学んでいくつもりだった。このときの計画では31歳までにミドリムシの大量培養に成功し、35歳で会社設立をメドにしていた。なにしろミドリムシのポテンシャルについては、昔から世界中の研究者が知るところだったが、誰も大量培養に成功したことがなく、高い壁となって立ち塞がっていたからだ。出雲氏はこれを乗り越えられるという確信があったのだろうか?

「確信があってベンチャーを始める人はそんなにいないと思います。今ふり返ってみると、もちろん大量培養ができるだろうと思って始めたわけですが、実際は想定していた以上の問題が噴出して、研究を進めれば進めるほど難しいことがわかりました。そこでほとんどの人が、諦めざるをえない状況になると思うんです。私たちも同じです。特別に頭がいいとか賢かったということはなく、これは無理なんじゃないか……と毎日のように挫けそうになりながらも、多くの研究者・先生の協力を得てただひたすら何百回も何千回もトライを繰り返してきたから大量培養を成し遂げることができたんです」

『ONE PIECE』に読む、チーム力を引き出す現代のリーダー像

 ミドリムシはあまりに栄養分が豊富なため、他の微生物の恰好のエサとなってしまう。わずかでも他の微生物が混入すると、あっという間に食べつくされてしまうのだ。そのため、どの研究機関でも大量培養に成功することができなかった。挫けそうになりながらも研究を続けた意志の強さを思いがちだが、出雲氏はむしろ「意志が弱い方」だと自己分析する。

IMG_4563_sab「夏休みの宿題も8月31日の最終日になって全部まとめて天気を書くような子どもだったんです。そんな私でも挫けずに続けられたのは、やはりチームの力があったからこそです。チームの最大の良さとは、たとえば私がへこたれて元気がなくなっていたら、他の誰かが『大丈夫だよ。明日はいいことあるよ』と言ってくれることです。たとえ本気でそう思っていなかったとしても、人間は社会的な生き物だから励ますことでバランスをとろうとする。だから、チームでいるとそんなに簡単に投げ出すようなことはないですよね。世界初のミドリムシ大量培養に成功したり、ミドリムシ事業でIPOするという奇跡を一人で起こすことは不可能です。奇跡というのは必ずチームで起きるものなんです。私一人で研究していたら35歳になっても成功していなかったでしょう。」

 ユーグレナの創業メンバーは出雲氏を含め3名。東大時代からの後輩である鈴木健吾氏と、親が経営するクロレラ健康食品販売会社の専務取締役でありながら参加した福本拓元氏だ。鈴木氏はミドリムシの研究開発に専念し、販売経験が豊富な福本氏は営業に専念し、出雲氏は経営者となった。経営者になる人は、若い頃から起業を目指していた人が多いものだが、出雲氏は「他にできることがなかった」と言うのだ。

「20歳のときからミドリムシを有名にしたいということだけを考えていて、経営者になりたいとはまったく思っていませんでした。私よりも鈴木の方が研究者として何倍も優れていますし、物を販売することにかけては福本の方がはるかに経験豊富で上手なわけです。現在、私を含め社員が45名いますが、それぞれ個人としてリーダーシップを発揮してくれていて、広報も経理も人事もみんな私よりもミドリムシのプロなんですよ」

 では、出雲氏が考える自身の経営者像とはどういったものだろう? 著書では中高の6年間で「生まれつきのリーダータイプではない」と気づいたと記しているが、一方で今の時代に適した新しいタイプの経営者なのではないかとも思える。現代のリーダーに対して求められることを出雲氏は、愛読する尾田栄一郎の『ONE PIECE』にたとえた。

「私たちの世代にとって子どもの頃のヒーローは『ドラゴンボール』の孫悟空でした。あれはチームの話ではなく、悟空が修行をして強くなることで敵を倒し、また修行して強くなってもっと強い敵を倒すことを延々と繰り返していく。よく戦闘力のインフレだと言われますが、まさにそのとおりです。高度経済成長期から続いていたインフレ時代の理想とされる成長ストーリーが『ドラゴンボール』に集約されていたと思うんです。しかし、1989年のバブル崩壊後に一番売れている『ONE PIECE』は、主人公のルフィが誰よりも強くて誰よりも優秀とは限らない。水の中に落ちたら浮かび上がれないし、船長なのに海図も読めない。そのかわり腕っぷしの強いキャラや航海のスキルに長けたキャラといった中間が沢山いる。当社も同じだと思うんです。バブル崩壊後の船長の役割とは、仲間たちに対し、『ここへ行こう』と目標を語り続けることなんです」

“船長”は経営者に置き換えられるだろう。『ONE PIECE』の夢は大秘宝を見つけにいくことであり、ユーグレナの場合は「ミドリムシで地球を救う」ことだ。

「目標をブレずに語り続ける人がいないとチームは成立しないものです。『ONE PIECE』は海賊を描いた作品ですけど、ベンチャーと通じるところがある。『~へ向かう』を意味する接頭辞のadをつけるとAdbenture(冒険)なわけですよ。海賊には憧れるけど、ベンチャーには憧れないはずはなくて、みんな心の中ではやってみたいことだと思うんです。ルフィだって一番優秀だから船長をやっているわけではありませんから、誰もが船長になれるはずです。大切なのは、なぜみんなが同じ船に乗っているのかという目的をブレさせないことなんです」

 夢を追い続けるベンチャー企業の経営者と、銀行マンだった頃とでは、やりがいや充実感も違うのではないかと考えてしまいがちだが、出雲氏ははっきりと「同じ充実感を感じている」という。出雲氏の仕事に対する考え方を伺った。

「充実感のある仕事と充実感のない仕事というのは、この世に存在しないと思うんです。その仕事と向き合う取り組み方の問題であって、結局は人なんです。私は銀行の仕事がつまらなくて起業したと思われることがすごく多くて困っているんですが、それはまったく違います。ミドリムシと出会っていなければ、今も銀行マンを続けていたでしょう。

新人はルーティーンの仕事、いわば雑務を任されるわけですが、いきなり新人に1千億円の取引を任されるはずもなく、新人が活躍できる場というのは雑務にこそある。会議用資料のコピーの取り方一つとっても、ちょっとした工夫によっていい仕事をしたと認めてもらうことができるはずです。そうした工夫すらしないで、自分はもっと大きな仕事をしたいと言っているのは、車のギアをバックにいれながら前に行きたいと言っているようなものです。この世に無駄なものなど一切ないというのが私の信条です」

 ミドリムシのような体長約0.05mmのちっぽけな藻にも地球を救うほどの力がある。「くだらないものなんて、ない」。これは出雲氏が著書の中でもっとも伝えたかったメッセージだ。この考えは、仕事においても通底している。

夢をブレずに語り続ける“覚悟”。それが唯一の私の取り柄です

 日本のミドリムシの培養研究には、1980年代から国が中心となって進めた「ニューサンシャイン計画」から始まる長い歴史がある。その中心にいた研究者が大阪府立大学教授だった中野長久氏だ。夢の実現に向けて、出雲氏と鈴木氏のスタートは、まず中野氏に会いに行くことから始まった。

中野氏が持つ「今までの研究の情報を教えてほしい」という無茶なお願いに対し、中野氏は日本中に散らばる100人近い研究者に連絡し、二人の若者に協力するよう伝えてくれた。ミドリムシの可能性についていくら説明しても培養プールを借りることができなかった過去の忸怩たる思いがあったからこそ、無謀な二人の若者に最後の望みを託したのだろう。それがクロレラの健康食品販売会社の御曹司であった福本氏との出会いと重なっていく。福本氏の紹介で石垣島のクロレラ培養プールを借りることができたのだ。いくつもの運命的な出会いを経て、大量培養に成功したときの心境はどのようななものだっただろう?

IMG_4564_sab「2005年12月18日16時25分でした。すごくよく覚えているんですが、石垣島にいる鈴木から電話がかかってきたんです。鈴木は普段そんなに興奮するようなタイプではないのですが、『できた! できた!』と興奮を抑えきれない様子が電話越しに手に取るように伝わってきた。世界初のことですよ。めっちゃ嬉しいじゃないですか。私も受話器を落とすくらい喜ぶつもりだったんですが、先ほどの誰か一人が落ち込んでいたら誰かが励ますといったチームの役割と同じで、鈴木が見たこともないテンションでいると、私も一緒になってそのテンションになれないものなんですよね」

「お疲れさま」と妙に冷静になっている出雲氏がいた。その後すぐに出雲氏は恩師である中野氏に連絡する。

「正直に申し上げると、中野先生が元気なうちにミドリムシの大量培養という一つの技術的な課題をクリアできたことに、何よりもほっとしたという心境です。当社のミドリムシ研究、そして大量培養成功は中野先生のご協力があってこそです。中野先生がご存命のうちに『これからはミドリムシの時代だ』と世界に発信できることが、何よりも嬉しかったですし、心の底から安心しましたよね」

 しかし、大量培養に成功したことでやすやすとユーグレナ社の経営が軌道に乗ったわけではなかった。当時ベンチャー支援に積極的だったライブドアにオフィスの間借りと資金提供を受けていたことから、2006年のライブドア・ショックによって突然、逆風が吹きはじめる。どの会社も手の平を返したようにユーグレナ社を拒むようになり、途端に経営危機に陥った。また一から出直しとなり、出雲氏は必死の思いで営業に奔走した。この一番苦しい時期を乗りきり、伊藤忠商事をはじめ、JX日鉱日石エネルギー、全日空、日立プラントテクノロジー(現・日立製作所)、清水建設など名だたる企業が出資してくれるまでになったのだ。「リーダーに向いていない」どころか、今では東証マザーズに上場を果たした有望企業の“船長”として、誰もが出雲氏の経営手腕を認めている。

「『ONE PIECE』のルフィがワンピースという大秘宝を見たいというところから始まって、やがて海賊王になるという大きな夢になっていったのと当社も同じなんです。最初はミドリムシでバングラデシュの栄養失調をなくして喜んでほしい、という本当にただそれだけでした。その夢にいろんな方がサポートしてくれる中で、ミドリムシの新たな可能性、新たな魅力を知ることになり、夢が大きくなっていった。当初は私もミドリムシからジェット機のバイオ燃料が作れるなんて知りませんでした。それが今ではもっとも力を入れて取り組んでいる開発分野です。『ミドリムシが地球を救う』という正直、子どもっぽい夢からスタートしたわけですが、当社はIPOも一つのきっかけとなり、社会的責任をより担うようになり、社会的に納得してもらえる目標が加わっていった。ベンチャーというのは、そうして日々成長していくものだと思うんです」

 経営者もその過程で社会に鍛えられ、少しずつ“らしく”なっていくものだと出雲氏は言う。20代前半の頃、経済産業省が当時バックアップしていた起業家支援の「ドリームゲートプロジェクト」を手伝うことになり、様々なタイプの経営者と接してきた出雲氏だが、自分もまた一人の経営者となり、あらためて気づかされたことはあるだろう

「それまで私は一番優秀な人がぐいぐい人を引っ張っていくのがリーダーシップだと考えていたんです。しかし、私が敬意を抱いたリーダーの方々は、それをリーダーシップとは呼ばないんですよね。これは何かが違うと思い、一人ひとりに確認していってわかったことは、リーダーというのは他の人を一生懸命になって応援して支えて助ける人なんです。だから自分が『何かをやりたい』と言ったときに、今度は以前に助けられた人が応援してくれたり、手を貸してくれたりする。そういう人が周りに沢山いる人が本当のリーダーなんだと思います。それが、私の目指すリーダー像でもあります」

 経営者としてもっとも大切なことは、やはり「夢をブレずに語り続けること」だと出雲氏は繰り返す。世の中を良くしていこうとする社会的価値に基づく夢には、誰もが力を貸したいと思う。その力が集まったとき、大きな奇跡が起きるのかもしれない。

「今、このインタビューの1分後にもし安倍首相やオバマ大統領とお会いすることになっても、あるいは7歳の子どもと話すことになっても、同じ情熱とわかりやすさで堂々と『ミドリムシが地球を救う』と申し上げる“覚悟”が私にはあります。首相や大統領の前でそんな大きな夢を語るのは、さすがに恥ずかしいと思う人もいるかもしれません。しかし、私にはそれだけはない。これが私の唯一といっていい取り柄なんです」

出雲充氏が大切にしている3つのこと

尊敬する人

・小倉昌男(元ヤマト運輸社長)
父が経営する大和運輸を継ぎ、「クロネコヤマトの宅急便」の生みの親となった。その後、販売網を全国に拡大し、ヤマト運輸を売上高一兆円の大手運輸会社へと発展する基礎を築いた。
・市村清(リコー創業者)
1936年に理化学研究所で開発された「感光紙」の商品化のため「理研感光紙株式会社(現・リコー)」として設立。その後、三愛石油、西銀座デパート、日本リースを設立し、「経営の神様」と呼ばれる。
・安藤百福(日清食品創業者)
1948年に会社を設立するも長く休眠状態にあったが、1958年にチキンラーメンの発明にともない日清食品株式会社と商号変更。1971年に世界初のカップ麺「カップヌードル」を発売し、世界の食文化に革新をもたらした。

座右の書・マンガ

『ロケット・ボーイズ』
『経営学』
『ドラゴンボール』
『こちら葛飾区亀有公園前派出所』
『ONE PIECE』
「書籍もマンガも気に入ったものは繰り返し読んでいます」

起業に必要なこと

「ベンチャーはニッチで勝負しないといけません。その分野で一番をとれるかどうかにかかっています。ラーメン屋であれば、『飯田橋駅から徒歩10分圏内で一番の美味しさ』というのでもいい。当社の場合は、ミドリムシで一番になることです。一番だからミドリムシに関しては、多くの人が集まって来てくれるんです」

取材・文●大寺 明