女性との会話を弾ませたい人へ。OLが勧める、男が読んでも面白いマンガ7選

女性との会話が、なかなか盛り上がらないなあ……」

仕事終わりに女性と飲みに行っても、イマイチ会話が盛り上がらない。どうしたら相手にもっと楽しんでもらえるかと、悩んでいる方もきっと少なくないでしょう。女性との会話を盛り上げるために努力はしたいけど、仕事以外の限られた時間で何ができるのかと思うかもしれません。

しかし!ちょっとした空き時間に、電車内やカフェなどでも実行できて、女性との話題作りにぴったりの男のバイブルがあります。そう、マンガです。今回は、女性との会話を弾ませたい男性に向けて、OLがおすすめする男が読んでも面白いマンガを7作品ご紹介します。

 〈トレンドを掴め!〉海野つなみ『逃げるは恥だが役に立つ』(KC KISS)

『逃げるは恥だが役に立つ』、通称「逃げ恥」はTVドラマ化されたこともあり、今人気絶頂のマンガです。あの超大物女優新垣結衣や人気急上昇中のアーティスト星野源をメインキャストとして起用したことでも話題になりました。ドラマ化で一気に有名になった逃げ恥ですが、多くの人はドラマしか見ていないのではないでしょうか。

そこで、いったん原作であるマンガに立ち返ってみると、原作とドラマのシナリオのちょっとした違いに気づくはずです。違いを把握しておくだけで実際に逃げ恥の話題が出たときに、「あそこのシーンの前に、実はこんなストーリーがあって……」とか「このシーンにはこんな面白い続きがあって……」など女性の興味を引ける話が出来るはずです。

ちなみに、ドラマのエンディングソングである「恋」とその振り付け、いわゆる恋ダンスはブームにもなっているので歌えたり踊れるようになると、より盛り上がるのではないでしょうか。

 〈アラサー女子の気持ちを知ろう〉東村アキコ『東京タラレバ娘』(KC KISS)

こちらも逃げ恥と同じくTVドラマ化されている、今ホットなマンガ。「ああすれば……」「こうしていたら……」を口癖に、現実離れした高い理想を追い求めるアラサーの3人組と、金髪の美青年を中心にストーリーが進んでいきます。

TVドラマではアラサー3人組を吉高由里子、榮倉奈々、大島優子が演じ、金髪の美青年を人気ファッション雑誌メンズノンノの専属モデルである坂口健太郎が演じています。アラサーのバイブルとさえも言われるこのマンガを読めば、アラサーの日ごろ感じていること、思っていることが分かるかも。

それを踏まえて女性社員に『マンガの中でこういうシーンがあったけど実際どうなの?』といった質問を投げかければ、会話が盛り上がるきっかけをつかめるかもしれません。

 〈社会人に元気を与える珍作自伝マンガ〉東村アキコ『かくかくしかじか』(集英社)

先程紹介した『東京タラレバ娘』の作者でもある東村アキコが、彼女自身の幼年時代からの生い立ちと、有名なマンガ家になるまでの道を描いた自伝エッセイマンガ。東村アキコが高校生のころ「美術大学に進学し、在学中にマンガ家としてデビューする」という計画を立て、絵画教室の美大進学コースに入ります。

しかし待ち受けていたのは、今までの自信を打ち砕くスパルタ指導。厳しい先生と東村アキコが二人三脚で美大合格を目指すストーリーとなっています。

自分は仕事の出来る人間だと思っていたが、上司からその自信を打ち砕かれた経験がある社会人も多いのではないでしょうか。上司から叱られ、仕事に対するやる気を失いかけている人の背中を押してくれる、そんな作品です。

「あのシーンのあのセリフが、とても感動した!」「アキコの頑張る姿を見てたら、自分も頑張ろうと思えた!」といった熱い話をするきっかけになる作品なのではないでしょうか。

 〈男は外見と中身のどっちが重要?〉河原和音・アルコ『俺物語!!』(マーガレットコミックス)

natsumi◎さん(@mmkr2ntm)がシェアした投稿

TVアニメ化・映画化され、人気急上昇中のマンガ。顔が男前でわりと何でもこなせてしまう才色兼備なイケメンが多い少女マンガの中では異色の作品です。決してかっこいいとは言えない、いかつい顔とごつい巨体の持ち主が主人公だからです。

主人公、剛田 猛男(ごうだ たけお)の正義感あふれる姿や、ピュアで不器用な行動に男女ともに心を掴まれるはず。「男は顔なのか、それとも中身なのか」などと、このマンガの話をきっかけに、女性と議論するのも盛り上がるでしょう。いろいろな女性の考え方を知ることができて、面白いかもしれません。

 〈小ネタ満載のラブコメディ〉中原アヤ『ラブ★コン』(マーガレットコミックス)

(るみ)さん(@rumifun)がシェアした投稿

実写映画化・TVアニメ化された昔から絶大な人気を誇る名作中の名作。作者中原アヤが笑いの聖地、大阪出身であるということで、身長172cmという高身長であるのに名前が“小”泉リサ、身長156.2cmという低身長であるのに名前が“大”谷敦士といったちょっとした小ネタが満載のラブコメディです。

多くの女性が読んだことがある大人気マンガ。「あのくだりが面白かったよね!」「どこのシーンが笑えた?」などと、コメディな部分でも会話が盛り上がれたり、純粋な恋愛マンガとしてのシーンでも盛り上がれたりするので、ぜひ読んでみてください。

 〈Twitterで大絶賛〉穂積『式の前日』(フラワーコミックス)

今まで紹介してきたマンガとは一味違った短編読みきり集です。Twitterで大絶賛され、読みきった方の感想の中には『もう一度読みたい』、『綺麗』といった賞賛の声が多数なのだそう。

結婚式前日の姉と弟の会話を中心に展開し、双子の姉弟や周りの人々の何でもない日常的な描写を温かく、鮮やかに切り取った作品です。

特に姉と弟の会話に心惹かれ、読み終えたと同時に深く心に沁みるような不思議な気持ちになります。人それぞれいろいろな感想を持つような内容になっているので、きっと会話も盛り上がるはずです!

 〈エリートの裏の顔とは!?〉津田雅美『彼氏彼女の事情』(花とゆめコミックス)

本当の自分を隠して優等生を演じる「仮面優等生」として、学生生活を送る男女2人の恋愛成長を描いた作品です。

あなたは何らかの秘密を抱えたり、仮面を被りながら生きていますか。多くの人はこのマンガのように、少なからず本当の自分を隠しながら生きているでしょう。

この作品をきっかけに「実は自分はこういう人間なんだよね。」「本当はこういうことがしたい!」といったことを話してみるのはいかがでしょうか。あなたの思わぬ素顔に、女性も興味を持って2人の距離がグッと縮まるかもしれません。

 マンガこそ、女性との会話を弾ませる最強のツール 

OLがおすすめする名作マンガを紹介してきましたが、やはり多数を占めるのは恋愛マンガ。恋バナが好きな多いので、たとえマンガの中の話であっても盛り上がるのです。

女性がオススメするマンガを読んでおけば女性が好きなシチュエーションなどがなんとなく分かってくるかもしれません。ぜひこれらのマンガを読んで、女性との会話を盛り上げてください!