彼女に鼻水を見せたくない!花粉症の為のおすすめデートプランを考えてみた

寒さのピークが過ぎて、待ち遠しかった春がやってきました。しかし、花粉症の人にとっては辛い、クシャミや目の痒みに悩まされる季節です。
鼻水がだらだらで目が真っ赤な姿を、好きな人には見せたくないという方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、春になればお散歩デートやアウトドアなデートを好む女性が多いのも事実です。そこで今回は、ビズポ編集部が花粉症とバレずに彼女を楽しませるためのおすすめデートプランを考えてみました。

折角の春なので、もちろん外で遊ぶモノも含まれています。花粉症の方はぜひデートの参考にしてみて下さい。

1日の中で最も花粉が少ないのは午前中?朝は外でアクティブに!

花粉が少ない午前中
日本人の4人に1人が抱えていると言われる花粉症。もはや国民的アレルギーと言っても過言ではありません。
そんな花粉ですが、実は午前中は比較的少ないということをご存知でしたか?

深夜〜明け方にかけて現れた霜や霧の影響で花粉が落ち着いている午前中は、アウトドアのデートにおすすめです。
「せっかく暖かい季節になったんだから、外でデートがしたい!」と彼女が訴えてきたら、午前中に外に出かけるようにしましょう。

午前中は家でのんびり過ごしたいと彼女が駄々をこねたら、午後は人が増えてきて混んでしまうということを理由に、上手く丸め込むしかありません。せっかく花粉を気にしないで活動できる時間帯です。このチャンスを逃すわけにはいきません。

具体的には、ピクニック苺狩りハイキングなどをしてみてはいかがでしょうか。桜がまだ残っている地域なら、お花見という手もあります。
ちなみに都内にお住まいのカップルなら、高尾山でのハイキングがおすすめです。

都内のオススメハイキングスポット:高尾山
場所:新宿から京王線で約1時間、高尾山口駅
所要時間:1時間半〜3時間程度
料金:ケーブルカーを利用する場合、往復930円
公式ホームページ:http://www.takaotozan.co.jp/index.htm

朝からアクティブ動くあなたを見て、休日でも私と遊ぶためにこんなに一生懸命になってくれるんだと彼女は喜ぶに違いありません。

12時〜15時は魔の花粉time。お昼からは室内で過ごそう

ショッピングモールに誘おう
比較的花粉が少ない午前中でしたが、お昼からはそうもいきません。1日の内で最も花粉が多いと言われる恐怖の時間帯、12時〜15時がやってくるからです。そのため、お昼は室内でのデートが最適。

「ランチを食べに行こう!」という誘い文句でショッピングモールなどに誘いましょう。

女の子は買い物には目がありません。ランチを食べ終えた後、彼女が気になるお店を一緒に回ればあっという間に時間が経つこと間違いないし。さらに、相手の買物に興味を示し「さっきのと、コレだったら、さっきの方がいいんじゃない?」と提案することで彼女からの好感度もグンと上がります。自分が興味のないことでも、彼女が好きなことなら一緒に楽しむというスタンスは多くの女性に好まれることでしょう。

とはいえ、”デートでショッピングは鉄板すぎて飽きてしまった”、”彼女の買い物に付き合うのはもう懲り懲り…”という男性もいるのではないでしょうか。
そんな方には、室内施設のアクテビティが楽しめる場所がオススメです。

都内でいえば、室内で数々のアトラクションが楽しめる東京ジョイポリス、またどこの地域でも必ずある施設として日帰り温泉施設などがあります。
最近は、室内に作られた大型温泉施設が数多く存在し、居酒屋なども併設されているため、お昼から夜までずっといても飽きないほど充実した施設も。午前中外で気持ちよく汗をかき、午後からはそれを流すために温泉でゆっくするのも良いのではないでしょうか。

都内の大型温泉施設としては、大江戸温泉物語があります。

都内のオススメ温泉スポット:大江戸温泉物語
場所:東京都江東区青海2丁目6番3号 テレコムセンター駅
料金:1980円〜(日時・プランによって異なる)
公式ホームページ:http://www.ooedoonsen.jp/

室内といえど、相手が喜びそうな場所へ連れて行くことで、長時間滞在することがポイントです。

午後の避難タイム「外に行きたい」と言われたら

あなたを救う一言集

ショッピングが予想以上に早く終わってしまった、温泉でのぼせてしまったという理由から、彼女が外に出たいと言い始めたら大ピンチ。お昼の時間帯の花粉は強敵です。
言われるがまま外に出てしまったら、鳴り止まぬクシャミと目と鼻から出続ける液体に彼女は戸惑いを隠せないかもしれません。

そんな時は、これから紹介する言葉を使って、なんとか彼女を室内に留まらせましょう。

<あなたを救う一言集>

【ショッピング編】
「俺、◯◯買うの忘れてたんだけど、付き合ってくれる?」
「◯◯欲しそうにしてたから、プレゼントしてもいい?」
「歩くのちょっと疲れてない?お茶でもしていかない?」

【温泉編】
「せっかく体が温まったのに、外に出たら風邪ひいちゃうよ」
「エステとか、普段行きにくいと思うから、たまには行ってみる?」
「せっかくきたし、他の温泉も入ろうよ」

【ちょっとダメ男篇】
「こんな天気の良い日は、昼からビールを飲みたい。だいぶ早いけど飲みに行かない?」
「ゲーセン行かない?」
「俺、今すぐ歌いたい。よし、カラオケ行こう。」

ここまで言っても、外に行きたいという女性がいるか分からないですが、最終手段として、もう正直に「花粉症が辛くて…」と打ち明ける覚悟もしておきましょう。その時は、”今後花粉に配慮したデートプランを考えなくて済む“と、ポジティブにとらえることが大切です。

気温の低下に伴い、花粉が落ち着く夜のデート

花粉が落ち着く夜のデート
魔の花粉timeをなんとかやり過ごしたら、やっと花粉が落ち着く夜がやってきます。日中からの気温の低下に伴い、花粉の量も減って来るので夜は再び外を楽しむことができるでしょう。
春の夜といったら、夜桜。お昼は花粉が舞っている可能性があるため夜の時間に思う存分、桜を楽しみましょう。

配慮すべきなのは、混雑する夜桜スポットの穴場を事前にしっかり調べておくこと。これを怠るとただただ人ごみにまみれ、彼女の機嫌を損ねる事態となってしまいます。
多くの女性が憧れる夜桜デートですが、事前のリサーチを徹底することでこの人、夜桜の穴場スポットを知っているなんて博識なんだなと見直してもらえるでしょう。

都内のオススメ夜桜スポットはこちらです。

東京のオススメ夜桜スポット:お台場イルミネーションYAKEI夜桜Ver.
場所:お台場海浜公園、 デックス東京ビーチ(3Fシーサイドデッキ)
期間:2016年3月11日(金)~4月21日(木)※予定
時間:18:00〜24:00

しかし、そのまま会場いに行くと混んでいること間違いなしなので、平日を狙ったり時間や場所をずらしたり工夫することをオススメします。

無事にデート終了

気候的にはとても過ごしやすい春。花粉症という天敵のせいで彼女が望むデートをできなかったり、鼻水やクシャミでぐだぐだな自分を見られ、どん引きされてしまったりする展開はできれば避けたいところです。

しかし今回ご紹介したプランを参考に花粉の特性を踏まえて賢くプランを練れば、きっと楽しいデートをすることができるでしょう。今年こそ、花粉症で悩ましい春を彼女との愛がさらに深まる季節に変えてみてはいかがでしょうか。