【初詣特集】厄除けにもオススメ!柴又の風情ある初詣人気デートスポット

新年の恒例行事といえば初詣!今回は、映画『男はつらいよ』の舞台としても有名な柴又を掘り下げてご紹介。ぜひ初詣デートの参考にしてみてくださいね!

駅前で寅さんがお出迎え!

imasia_8596555_M_Fotor
柴又駅に降りると、まず寅さんの像が出迎えてくれます。この像は、旅発つ寅次郎がさくらを振り返る姿を表しているのだそうです。銅像の足元には山田洋次監督による寅さんの故郷への思いが刻まれていますので、『男はつらいよ』ファンの方はぜひ見てみてくださいね!

柴又の商店街はグルメ道

imasia_719562_M_Fotor
柴又帝釈天まで続く商店街では、昔ながらの下町の雰囲気を味わえるとともに、美味しいグルメを堪能することができます!その中でも特にオススメなのが、うな重です!

柴又4_Fotor
写真は250年の歴史を持つ名店「川千家」のうな重。このうな重の特徴は「蒸し」の工程に時間をかけていること。しっかりと蒸すことにより、うなぎを柔らかく、しっとりした舌触りにしています。味付けはしつこくなく、非常に上品な仕上がりとなっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
松・竹・梅とサイズ別にありますが、この日は梅を注文。梅といっても量は十分すぎるくらいで、女の子と一緒に行くときはこのサイズを注文してあげるといいかもしれません。

柴又帝釈天で初詣!

imasia_10811289_M_Fotor
商店街を抜けると、「柴又帝釈天」にたどり着きます。正式名は「経栄山題経寺」という日蓮宗のお寺です。本尊の帝釈天は病魔や災難から守り、魔障を退散させてくださることで知られる仏様です。

そのご神徳から柴又帝釈天は、古くから厄除け、病気平癒のご利益があると人々の篤い信仰を集めています。境内には、除夜の鐘を鳴らす「大鐘楼」や、樹齢400年以上の長寿の松とされる「瑞竜の松」があります。この松には長寿や子宝を願う人たちが多く訪れるようです!

imasia_727963_M_Fotor
帝釈天には浄行菩薩が祭られています。浄行菩薩とは、法華経に説く地涌(ちゆ)の四菩薩の一人です。地水火風の四大の内、水大の菩薩として、この世を浄化します。菩薩さまを洗うことで、罪や穢れをあがなってもらえるようです。

帰りはロマンチックな街道に…

柴又2_Fotor
冬は17時を過ぎるとすっかり辺りが暗くなり、商店街も一斉に店仕舞を始めます。静まり返った商店街は、まるでタイムスリップしたかのように情緒あふれるロマンチックな雰囲気に包まれます。好きな人とデートをするなら、この雰囲気を2人で楽しむのもいいかもしれません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
夜は冷え込むので、できるだけ厚着をして、暖かくして出かけるとよいでしょう。もし寒かったら、飲食店などは数件やっているので、ゆったり夕ご飯を食べるのもオススメです。

最後に

今回は柴又の初詣デート特集をお届けしました!今回紹介した以外にも、柴又は普段出会えないようなお店や楽しみ方であふれています。下町になかなか行く機会がないという方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。