カシスオレンジを頼む男子を見て女子が思うことをインタビューしてみた

どうしても。どうしても女子と一緒にお酒が飲みたい。

「カシオレ、ひとつで」

悲しいことにビールは苦手で、そもそもお酒が弱い自分は申し訳なくカシスオレンジを頼む。それを見ている女子は、実際のところどう思っているんだろう……

今回はお酒が大好きだと言う女子大生4人に、「カシスオレンジを頼む男子を見て女子が思うこと」をインタビューしてみました。想像を絶した手厳しい回答の数々、心してご覧ください。

今回インタビューする酒好き女子大生4人衆

みゆきちゃん
22歳 キラキラ系女子大生、彼氏あり
強くないけどべろんべろんになるまで飲むスタンス。

まゆこちゃん
22歳 人見知りで猫っぽい、彼氏なし
お酒はたしなむ程度な酒好き。

もえかちゃん
22歳 ちょいサブカル系女子、彼氏なし
フットワークの軽さで飲み会に出没する酒好き。

なつよちゃん
21歳 食いしん坊キャラな不思議ちゃん、彼氏なし
彼女の右に出る者はなかなかいない酒豪。

実際、カシオレ男子はどう思う?

imasia_14056934_M

みゆき「頼むのはいいけど、カシオレ頼んで恥ずかしくない?って思うよね 」

もえか「飲み会という テイで集まったからには、“とりあえずビール”したいよね。皆ビールなのに一人だけ『俺カシオレで』、とかされると気を遣うというか、……気まずい?」

なつよ「こっちがビール頼みづらくなりますよね。『え、じゃあサワーとかにしとく?』って。やっぱり最初は一緒にビールを飲んでくれる人がいいなぁ」

まゆこ「というか、カシオレはメジャーだから、もしかしてそれしか知らないのかなって思う」

一同「あぁー……」

まゆこ「せめてシャンディガフとかにしてほしいよね。ビールほど苦くないし、カシオレよりは印象良さそう」

しょっぱなから辛辣な回答です。
カシオレ男子は気を遣わせてしまうだけでなく、お酒に関する知識の浅さを疑われてしまうこともあるそう。

ちなみに、モテますか?

みゆきモテはしない(即答)」

まゆこ「というか、次から飲み会に誘わなくなるよね。じゃあご飯でいいじゃんってなる。申し訳ないから」

もえか「それだけで出会い断たれるね……」

飲めない男子と付き合うのはつらい件

みゆきお酒が飲めない男子と付き合うとつらい。一緒に飲み会行けないし、二人で飲んでもくれないし」

みゆき「飲んでも、まだこっちは酔っ払ってないのにカシオレ一杯とかで甘えてこられると、正直……」

なつよ「……お察しします」

お酒が苦手な彼氏を持つみゆきちゃんは、一緒に飲んで酔っ払えないことが悲しいそう。
もちろん、お酒が弱いのは仕方のないことですが、「少しくらい飲む努力をしてほしい!」と思う女子もいるようです。

男ならこれを飲め!

imasia_12008871_M

なつよ「飲み会の雰囲気作りにも、やっぱり最初はビールが良いですよね」

まゆこ「始めにカシオレ頼むのと、始めにビール飲んだ後で頼むんじゃあ印象も違ってくるよね。場の雰囲気を良くしようという努力を感じる

みゆき「あとは、おいしい日本酒とかを『これおいしいよ』って勧めてくれるとキュンとする!

もえか「たまにお酒のうんちくを語りだす人とかいるけど、そういうの無しで教えてくれると嬉しいよね」

日本酒やワインが好きで、ついつい得意なうんちくを披露したくなってしまう男性諸君もいるかと思いますが、それは厳禁です。女の子は、美味しいお酒が楽しく飲めればそれで満足。

意中の子が退屈してしまわないように、会話の内容には十分に気をつけましょう。

ちなみに、女子でカシオレは?

imasia_13203024_M

まゆこ「普通にかわいい!」

みゆき「でも、飲むぜーっ! っていう感じの飲み会には呼べないよね。そういう人はそもそもお酒が苦手な人が多いと思うから、やっぱり申し訳ない」

もえか「飲めなくても、一緒に場を盛り上げてくれる人なら大歓迎かな。これは男女共通して言えることだけど。そういう人ならカシオレでもまあ……」

みゆき「確かに。男子でも『カシオレとか頼んでんじゃねーよ』っていじれるくらいの感じなら別に大丈夫そう」

なつよ「飲み会の雰囲気とか、メンツにもよりますよね」

まゆこ「結局、あまり仲良くないと気を遣うよね」

重要なのは飲み会の雰囲気を壊さないこと。
飲み会に参加するからには、飲む努力、盛り上げる努力をすることが好印象に繋がるのだと、彼女たちは語ります。

結論:カシオレ男子は、正直キツい

悲しいことに、お酒をたしなむ女子大生いわく「カシオレ男子はちょっと……」という結論に至りました。

でも、カシオレ男子よ、諦めることなかれ。

飲み会はきっかけ作りの一つの手段であり、お酒の飲める飲めないが恋愛の全てではありません。お酒がだめなら、趣味を充実させたり、自分磨きに打ち込んで女の子を振り向かせるのも一つの手。悲しんでいる暇があったら、さらなる手段を考えましょう。

それでも、どうしても女子とお酒が飲みたいんだ!
そんな方は、カシスオレンジから、シャンディガフのような飲みやすくちょっぴり女子ウケも上がるお酒にシフトチェンジしましょう。

皆様の、日々の飲み会の充実を祈っております。