【結婚相手を探すにはどのアプリ?】7つの「優良出会い系アプリ」の特徴を比べてみた

恋人がほしい。でも、出会いなんてない…。そんなときに頭をよぎるのが、出会い系アプリ。しかし、「正直出会い系アプリってちょっと怪しいし、どれを使えばいいのかわからない」なんて思っている方も多いのではないでしょうか。

一昔前までは悪質な出会い系サイトなどがニュースになっていましたが、アプリもメジャーとなってきた今、実際に出会い系アプリ出会って結婚したカップルも珍しくなくなっています。

そこで今回は、安心して使える優良出会い系アプリをまとめました。ぜひ活用して、素敵な女性を見つけてみてください。

セレブや有名人も使ってる!?世界中で大人気の『Tinder』

料金システム:基本無料。一部課金あり。
利用者層:10代後半~30代。世界中の人が利用。

海外でも広く使われているマッチングアプリ。表示されたプロフィールを左右にスワイプし、「NOPE」か「LIKE」を選択します。お互いにLIKEをしあえばマッチングとなり、連絡が可能になります。

特徴はなんといっても外国人利用者の多さ。恋愛目的よりも外国語の勉強がしたい、外国人の友達が欲しいというだけの人も多数存在します。基本的には無料で利用できるため、気軽に始められる点がおすすめです。

趣味から好みの異性を探す!『タップル誕生』

料金システム:メッセージ時に料金が発生。月額3400円。
利用者層:20代~30代前半

IT大手のサイバーエージェント子会社が運営しているアプリです。最大の特徴は、趣味を通じたマッチング。おしゃれ、音楽、スポーツなど、まず自分が興味のある項目を選択します。同じ項目を選択した人の中から、自分の好みの異性に「いいかも!」を送信。見事お互いに「いいかも!」と思ったらマッチングが成立し、連絡が取れるようになります。

料金はやや高額ですが、女性向け雑誌、AneCanCLASSYなどでも紹介されており、信頼の厚いアプリです。

世界的マッチングアプリ!『マッチドットコム』

Matchさん(@match)が投稿した写真

料金システム:メッセージ時に料金が発生。月額3980円。
利用者層:30~40代が中心。結婚を意識した層が多い。

日本を含む24か国でサービスを展開している世界的な出会い系アプリ。会員数は1500万人を超えます。特徴は、結婚願望を持った人が多いということ。その理由として、男女ともに安いとは言えない料金が発生するからです。また、もし一定の条件を満たして6か月間の間に出会えなかった場合、もう6か月間を無料で保証してくれます。

運営側の自信が表れているといえるでしょう。

若者の定番マッチングアプリ!『Pairs』

料金システム:メッセージ時に料金が発生。月額1898円~(12か月プラン)。
利用者層:20代が中心。彼氏・彼女を探している人が多い。

フェイスブックの広告で頻繁に目につくのがPairs。なんだか利用していることが誰かに知られてしまいそうなものですが、匿名での利用が可能。また、フェイスブックでの友達には表示されないようになっています。

会員数は300万人以上。本当に出会えることが多いと評判のアプリです。結婚は興味がないけれど、恋人がほしいと思っている方におすすめです。

かわいい女の子と出会える?『マッチブック』

料金システム:メッセージ時に料金が発生。月額2480円~(12か月プラン)。
利用者層:10代後半~20代前半の大学生

リクルートグループの完全子会社が運営している出会い系アプリ。月額料金はやや高めですが、リクルートグループが手掛けているということもあり、人気が上昇していているアプリです。最大の特徴は、ミスコンとのコラボ企画。大学のミス&ミスターが100人登録しています。これが影響してか、登録者は比較的美男美女が多いといわれているのです。

大手の安心感がほしい!『ゼクシィ恋結び』

料金システム:メッセージ時に料金が発生。月額1780円~(12か月プラン)
利用者層:70%以上が20代

こちらもリクルートが運営している出会い系アプリ。気に入った異性に「いいね!」をしてマッチングするとメッセージの送信が可能になります。
ちなみに「ゼクシィ縁結び」というアプリもありますが、こちらは婚活したい人向け。毎日自分にぴったりの異性を自動で紹介してくれたり、婚活パーティーやイベントを多く主催したりなど、結婚に必要な出会いを多く提供しています。

どちらもフェイスブック連動型。フェイスブックで交際中や既婚の人は利用できなくなっているので、既婚者や彼氏持ちを避けることができます。

結婚を前提に恋人がほしい!『ブライダルネットby IBJ』

料金システム:基本は無料。月額2500円~の有料会員になると、結婚について「婚シェル」に相談できる。
利用者層:20代半ば~40代の結婚を目的とした人

婚活・結婚支援や相談などの事業を展開するIBJが運営するマッチングアプリ。そのため、会員は基本的に結婚を前提として登録していることになります。さらに、このアプリは女性も有料。なので、女性も本気で出会いを求めている場合がほとんどです。

20代も半ばに差し掛かり、そろそろ身を固めたいな…。と思っているならば、おすすめのアプリとなります。

目的に合わせたサイト選びを

pixta_24721316_m

7つのマッチングアプリを比較してみると、それぞれ違った特徴があったり、違った利用者層がいることがわかります。そのため、アプリ利用の際はどれを使うべきかを
見極めることが重要といえるでしょう。結婚相手を探したいのに、女子大生ばかりが集まるアプリに登録しても、期待した効果は得られません。

今回紹介したのは、フェイスブックのアカウントで簡単に登録できるものばかり。マッチングアプリを利用する際は、自分がどういった人と出会いたいのか明確にしてから、素敵な出会いを探しましょう。