北陸新幹線開業!レンタサイクルで巡るミシュラン観光3つ星の金沢人気スポット

北陸新幹線開業は平成27年3月14日

普段のお仕事に疲れたし、都会の町並みから逃げ出したい・・・そんな貴方にオススメ!3月14日に開通する北陸新幹線を使って金沢に行きませんか?

今回は、普段オフィスワークで運動不足になりがちな貴方に、金沢の街並みを肌で感じるレンタサイクルオススメスポットを紹介します!

金沢レンタサイクルスポット4選

レンタサイクルにはルールがあります。基本料金は200円ですが、ポートというレンタサイクル置き場を出たら、次のポートまでに30分以内に入らないと追加料金を取られてしまうのです。金沢には全19カ所のポートがあるので賢くいけば、問題はありません。今回はポートを乗り継いで行けるスポットに絞りました!

旅の始まり金沢駅

金沢駅の景色
金沢駅をただの駅だと侮ってはいけません。金沢駅のコンセプトは「出発地ではなく、目的地」です。アメリカで有名な旅行誌「トラベル・レジャー」の「世界で最も美しい駅14選」に日本で唯一ランクインしました。日本より海外での知名度の方が高いかもしれません。

なんとも独特な門は金沢で盛んな能の鼓(つづみ)をイメージした柱と訪れる人に差し出す雨傘をイメージしたドームによって構成されています。歓迎ムードが伝わるデザインにこれからの冒険を鼓舞されてしまいますね!

金沢市民の台所、近江町市場

金沢市民の台所、近江町市場
金沢市民の台所と言われる新鮮魚市場です。他人の台所にお邪魔していいのでしょうか。観光地なので大丈夫です。活発な市場の空気を楽しむ事が出来ます。近江町市場の面白さはここでとどまりません。なんと、その場で買った魚を食べる事が出来るのです。


金沢市民界隈では有名なオーミスーパーという近江町の原宿もここにあります。台所に原宿となんとも混沌とした空間ですね!

金沢のミシュラン庭園

金沢の兼六園
金沢と言えばまず兼六園の名前が出てくる人が多いのではないでしょうか。兼六園は訪れる季節により私達に違う側面を見せてくれます。何代もの藩主により築きあげられた兼六園に一度入れば、歴史の重みに圧倒されるでしょう。海外からの人気も高く、ミシュラン観光で星3つを獲得しました。

東京のようなコンクリートジャングルでは味わえない、完成された日本庭園にリラックス間違いなしです。金沢の地はもともと土地としての「気」が良いらしく水の効果で更に気運はあがっているみたいです。2012年にはハート型の模様を持ったコイが「恋」に御利益があると話題になりました。日本人として何か惹かれるものがある土地なのでしょう。

生涯の趣味がみつかる北陶

陶芸体験ができる北陶
旅行といえば、やはり体験教室です!本格陶芸教室で生涯の趣味を見つけませんか?兼六園に感銘を受けた貴方ならなおの事オススメです。この陶芸教室があるのは金沢の加賀百万石藩老本多安房守の下屋敷跡庭園内です。なんとこの場所兼六園のモデルとされたといわれる場所なのです。

250年以上前からある刀蔵を改装して、昭和49年に設立された陶芸教室です。会員制で現在100人以上の方が陶芸活動を行っています。そんな由緒ある陶芸教室で陶芸を学んでみませんか?(会員にならなくても体験可能)
北陶(ほくすい)のウェブサイトはこちら

最後に

石川には他にも様々な魅力があります。ひがし茶屋街や金沢21世紀美術館などなど。これから北陸新幹線も開通し、ますます金沢に行きやすくなるでしょう。仕事帰りに新幹線で金沢に行き一杯呑んでから原宿(金沢)で流行の服を買って帰る(笑)なども良いかもしれません。是非一度行ってみて、いろんな魅力を探してください!