【イベントレポート】株式会社和える 矢島里佳 × 書家 だんきょうこ「対話の中で生まれるものづくり」(後編)

株式会社和えるの矢島里佳さんと、書家のだんきょうこさんによるトークイベント「書のお花見」の後編。前編では、「愛でる」という感覚について語ってきました。後編では、書の解釈の仕方や、ものづくりにおける「対話」について触れていきます。

【スピーカープロフィール】

・矢島里佳(株式会社和える 代表取締役)
「21世紀の子どもたちに、日本の伝統をつなげたい」という想いから、大学4年時である2011年3月株式会社和えるを設立、慶應義塾大学卒業。幼少期から職人の手仕事に触れられる環境を創出すべく、子どもたちのための日用品を、日本全国の職人と共につくる“0から6歳の伝統ブランドaeru”を2012年3月に立ち上げる。

・だんきょうこ(書家)
武蔵野美術短期大学デザイン学科卒業後、広告制作会社 日本ベリエール・アート・センターに勤務。その後、書家・山本萠氏の門を叩く。1997年、ジャパネスク・カリグラファーとして活動を開始。商業空間の中での「書」の作品を手掛ける。1998年、焼酎メーカーのニューボトルの統一ロゴを制作。06年には1年間放送されたNHKの大河ドラマ「功名が辻」のメーンタイトルの題字を制作する。01年から都内のギャラリーで個展を定期的に開いている。

楽しむことが解釈を変える

aeruイベント

矢島:今回、直営店『aeru meguro』にて開催した、「書の展示」は、書道界からしたら、異例の書の展示方法かもしれません。書を掛け軸にしない、額縁に入れない、裏打ちしない……。まったく新たな視点で、書に親しんで欲しいという想いから、生まれた展示会でした。『aeru meguro』の近くの桜の開花状況に合わせて、少しずつ書の展示数が増えていく。そして、満開の日である本日、このトークショーを向かえることが出来ました。ここから桜が散っていくので、それに合わせてこの会場の書の花の展示数も減っていきます。桜と呼応して、書の花の展示会を開催しました。

まったく書道の世界について私は素人ですから知りません。けれども、きょうこさんの字に出会ったら、「愛でる」という言葉が浮かんできて、「この子たち(書)が、どんな風にいたら素敵なのかなあ」ということを想像しました。

伝統産業の世界に意識的に触れたのは19歳くらいの時だったんですけど、もちろん伝統産業界のことは、まったく知らないところから始まりました。だからこそ、「こうしたら素敵だな。こうしたら、もっとみんなが使いたくなる。日常の中に置いてもらえる」そういうものになるんじゃないかなと思ったところから、和えるは生まれています。なんだか、近い感覚だと思いました。

知らないということが、時に失礼にあたることがあったり、無礼だとされてしまうこともあるかもしれないけど、時に「業界の枠を超える瞬間」にもなるような気がします。この伝統産業界に関わらせていただいて、6年くらい経つんですけれども、そういうところからまた新たな文化が生まれる兆しというのが出てくるのかなと思います。

知識がある、知恵があるってすごく楽しいことだと思って、もっと書のことが分かった上でこのきょうこさん書を見たら、見える世界が違うのかなって思うんですけど、まずは楽しくないと、知識を得たいと思えないし、もっと知りたいと思えなくて、楽しいと思えたその先に、最終的に書の展示会というものがあったら、きっとまた解釈が変わっていくのかなと思いました。

「正統派を崩したい」とか、そういうことではなくて、そこに行くための”階段”のようなものをもっと日本に増やしていくことができれば、しっかりと伝統が生きたまま残ると思うんです。例えば伝統産業界だけではなくって、書の世界、お茶の世界、華道の世界もそうかもしれない。そんなことを今回きょうこさんとご一緒させていただいて、ずっと考えていました。

だん:伝統にあるものが、ちょっと敷居が高かかったり、お金がかかるんじゃないかとか、私たちの身近にあるものじゃなくなってますよね。本当は傍にあったのに。そういうことからも、書を皆様に伝えていきたいし、また色んな場面に書を活かしていきたいっていう想いが益々強くなっていきましたね。

「対話」と「無」によるものづくり

矢島:「対話」なのかもしれないですね。「ものづくり」をしているときや、デザインを考えているときなど。一つひとつ「物語」があります。皆さんも一つずつの物語を持って、生まれたその時から、今の年月までを生きられていて。一つとして同じ物語はありませんよね。それが皆さんの雰囲気やお顔立ちや表情の変化とか、そういったところに全部反映されていっているのかなと思います。きょうこさんは書かれているときもずっと対話なされていますか?

だん:対話してますね。書の場合はまず墨を摺って書きますので、最初の一筆がどんな表情を見せるのか、全く最初私にも分かりません。その日によっても墨の状態が違いますし、私自身も違いますし。こういう字というのが頭にあっても、一筆がどう出るかは分かりません。

例えば「花」と書くのも、最初の一筆に誘われるように、次の、次の、次のと進めていきます。一期一会というか。そのような対話をしながら字を生み出していますね。

私の場合は、人から頼まれて、最近ですと墓石の文字とかも書くんですけれども、そうしますと、力強くとかちょっとしたイメージは頂くんですね。そしていくつか作ってお送りすると、その方たちにとっては本当に、亡くなられた方とご家族を繋ぐ、慰めというか癒しというものになったりします。

そういう字を私が書きますとき、こういう字を書きたいというよりも、ご家族の想いを文字に乗せているというか。全く知らない方ですけれども、書をもって、私とご家族はその時点で繋がりました。

aeru6

矢島:ある意味「自然界」との対話に近いかなとお話を伺って思いました。それこそ仏師さんは、木に宿っている仏様を現すという感覚でお仕事をされていると、以前お会いした時に感じました。木に仏様を彫ろうという考えではないんですよね。

何かを生み出す方というのは、実は0から生み出しているのではなくて、その目の前にある何かから感じるものを形にして、私たちに見えるようにしてくださるというのが、私の中で物を生み出す方のイメージに近いです。

そういう方々を私は「職人さん」と呼ばせて頂いてるんですけれど、その面白みといいますか。そういうお仕事って、人間がこうしよう、こう作ろうとするものを超える何かを持っているような気がするんですよね。

だん:特に文字の場合ですと、日本だと漢字からひらがな・カタカナまで、皆さん何度も書き続けている形です。漢字などは中国四千年以上の歴史を生きてきたわけで、例えば私が、墓石の◯◯家と書くとき、その元々ある漢字のパワーに、私や、ご家族の想いを乗せていくといいますか。

そうであったとしても、書くときは「無」であったときが、その方に受け入れられる文字であったりします。そんなことをグルグルと繰り返し、書を重ねてきたっていう感じです。

矢島:人の人生を現されているんですね。

だん:字って本当に何よりも、例えば、絵よりも身近ですよね。書かなくても見たりしますので。

矢島:確かに、字を見ない日って1日もないですよね。

aeru7

だん:だから本当に私たちに近いものだと思うんですよね。日本の場合は特に、紙や墨と筆といった伝統的な書の中 で字が育まれたわけで。現代なかなか、昔の仮名や漢字の崩したものは読めないですよね。それがとっても残念ですよね。あまりにも今の私たちにかけ離れておりまして。

矢島:それも先ほどおっしゃったように、半紙であり、筆であり、硯であり、墨だと思うんですけれども。私、各地を回って感じるのが、どこも廃れてき始めており、書道の道具が手に入りにくくなってきています。

墨職人さんとお話をした時に、書道家の方でも墨汁を使う方が多くなって、自分で墨を擦るということを、あまりされなくなったという話を伺いました。私は墨を擦るという時間を含めて、作品の流れになっていくのではないかと、墨職人さんとお話をして思いました。思い返せば私も、小学校の書道で墨を擦る時間よりも、書く時間を優先されていたと思うんですよね。でも実は、書の「書く」って本当に最後の一瞬な気がしていて。そこに向かうまでの気持ちであったり、精神をどう持っていくかとか。そこに墨を擦るという一つの動きっていうのが関連付いていた気がしておりまして。

だん:だって墨擦らなきゃ損ですよ。毎日違う色ですし、和紙にのせた時にどういう形になるかも変わってきますから。墨汁だったら大体同じになるんですけれども、墨は奥深いんですよ。

矢島:本当にそういう所に伝統産業ってすごく関連していて。この「書」という文化がこれから途絶えていくのか発展していくのか。墨汁になるのか、はたまた墨が再び注目されるのか。結局、伝統を生かすも殺すも、今を生きる私たちがどう選択するのか、というところにつながってくるんですよね。私たちは、なくなった時に初めてその価値に気がつく。「ああ、なくなっちゃったんだ…よかったのにね」ということが、すごく多い気がします。

何がどういう形で残るかわからないですけれども、私たち一人一人が、何が必要で、何が必要ないのか、日々選択していると思います。私たちの選択によって、残るもの、消えていくものが決まる。その選択を多く迫られている時代に、偶然私たちは生きています。だからこそ、日々の自分自身の選択に、個人のことだけではなく、少し先の未来の人々のことをイメージして、思慮深く取捨選択することが大切なのではないでしょうか。

※前編はこちら
【イベントレポート】株式会社和える 矢島里佳 × 書家 だんきょうこ「見ることと、愛でることの違いとは?」

※株式会社和える 矢島里佳代表にインタビューした記事はこちら
経営は子育てと同じ。日本の伝統産業を次世代につないでいくことを使命とする㈱和える代表・矢島里佳インタビュー